« グレープフルーツジュース! | トップページ | 長期休みの計画! »

サプリメントの必要性

最近、子供(幼児)にサプリメントを与える、、、っていうニュースとかみたり、記事を読んだのですが、必要あるのでしょうかね?

大人の場合は、必要に応じて飲むって言うのもアリだとは思いますけれど、基本自分自身は食べ物の中から摂取しようと努力しています。

父はヘルニアをわずらってから、それ用のサプリを摂取しています。

私自身は、まあちょっとイライラした時などには、以前カルシウムのサプリを買ったことがありますけれど、そのくらいですかね?(常用はしていません。美味しくないし。苦笑)

幼児にサプリって、どうなんでしょう??

必要なものは、必要な栄養素からバランスよく吸収させるようにしたほうが良いと思うのですが…。
何と言っても、サプリには味がないですし、子供が大人になった時に味音痴になっちゃたら嫌です。

食べたくても食べられない国の子供達のことを考えると、なんとも不思議な傾向。

日本は恵まれすぎていると、時々そう思います。
食とは関係ないけれど、以前子供の臓器移植の件で、話題になっていなニュースもあるけれども、海外で移植をするっていうのも、どうかな~、って思いました。
勿論、その提供する側のご家族の心境を思えば、それは一筋縄ではいかないとは思います。
けれども、それは日本人のご家族に共通するものではなく、海外のご家族にも当てはまるものではないでしょうか?

「自分の国さえ良ければ」、、、っていう傾向は、日本人個人の、「自分さえ良ければ」っということに繋がっていないだろうかとも考えさせられました。
国際社会の中の、しかも先進国でもある日本として、その様な考え方は非常に情けないとも思いました。

話を元に戻しまして、「日本人は恵まれすぎているのではないのかな」っと思います。

これからの子供達に必要なものって何なのでしょう?

最近、ゆとり教育の弊害などもあるようですね。
ゆとり教育の弊害かどうかは分かりませんが、社会人の中でも忍耐力に欠ける人達も多いようです。

サプリメントは、子供には必要はないと思います。

タバコやアルコールと同じで、大人になってから飲めば良いものだと思います。
もちろん、体質などで必要性がある場合もあるかもしれません。
そういった必要とする人が、大人でも子供でも摂取すれば良いもので、それ以外の場合は普通に食べ物から摂取すれば何の問題もないと思います。

幸い、日本のスーパーには、どこに言ってもいつでも旬の食材だけではなく、春夏秋冬一年中の食材がそろっています。
それが、良いのかどうかは分かりません。

しかしながら、そんな食の現状があるにも関わらず、健康であるにも関わらずサプリメントを摂取するメリットって何なんでしょう?

簡単に栄養素が摂取できるから?(←だったら手抜き。)

料理に欠けている栄養素を補うため?(←面倒だけど、勉強しようよ、他でもない子供の為なんだから。)

今の日本人に欠けているものの、本質がそこから垣間見られるような気がします。

っていう、私自身も独身だし、少子化にめちゃめちゃ貢献している人物でもあり、すみませんとしか言いようがないのですが、少なくとも、今ある問題に関しては、興味はあるし、自分なりに考えてみたりする余裕も持ち合わせたいと思っています。

考えるだけでは、良い方向に変わらないかもしれない、でも意識の問題だと思うのですよね。意識があるか、ないかでかなり違ってくると思います。

サプリメントって、子供(大人にもですが、)絶対に必要だって言い切れることは出来ますか?

|

« グレープフルーツジュース! | トップページ | 長期休みの計画! »

美容・健康管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サプリメントの必要性:

« グレープフルーツジュース! | トップページ | 長期休みの計画! »