« 偏頭痛 | トップページ | ノンアルコールカクテル! »

左手中指のしこり

それは、8月上旬のお話です。(今思うと懐かしいです
左手第3指の爪を切っていて、気がつきました。「何だか青黒い。。。そしてしこりのようなものがある
TVでたまたま、「本当は怖い家庭の医学」の番宣で、「ほくろ」の映像を見ました。
「う~ん!?私のも危ないかな???」でも大丈夫かな???

その時期、ちょうど、医療事務の勉強もしていて、気にもなりましたし、点数表も見てみました。そして、ネットでもググッてみました。
いや~、そんなえぐい状態じゃないけれど、ちょっとだけ青く2ミリくらいのしこりがあるんだよなぁ~。1ヶ月くらい前から存在してるけど、大きくはなってないけど、気になる~

そこで、近所の皮膚科に行ってみました。「大袈裟だよっ!何ともな~いっ!」っと言われる事を期待しつつ、でもやっぱり危ないのではないか、、、っと半々の気持ちで行ってみました。

先生が触診とレンズで診ること数分。まさかの意外と真剣な面持ち。。。(やっぱり、まずいのかな?頼むから、大袈裟ですよ、と言ってほしい。)
「ここで切除してしまっても良いけれど、一度大きな病院へ時間のある時で良いから行ってみてください!」(えっ!?まさかの紹介状~!?人生初の紹介状???嬉しくないっ!)

そして、ダーモスコピーで再度確認して頂きました。
「そんなに心配することはないと思うけれど、普通棘とか血豆みたいなものなら1ヶ月も経てば消滅するんですよね。。。表面ではないようなので、血管かも知れないですね。紹介状出します。いや、本当に心配するほどのことじゃないと思うから、念のためですよ。」(不安そうな私に対して、念押し。大したことないのに、紹介状出すのかな?)

そして、気になりつつ翌々日、早速紹介先の病院の皮膚科へ行きました。

既往歴を聞かれて、初診。。。
今まで、大きな病気をしたことのない私は、もう内心ビビリまくりです。しかも、腫瘍の疑いがかけられている。。。
デジカメで患部の写真を撮影され、保存。やっぱり、触診と診ること数分。。。
ここでも、ダーモスコピー登場!電池の調子が悪いようで焦る看護師さん。
「この前も調子が悪かったんですよ、電池を入れ替えたばかりなのに。」って言ってました。
(ダーモスコピーの中には、電池が入ってるんだ~。しかもその場で解体してるし。あっ、電気ついた!)
「う~ん、血管腫のようですね。」
(あぁ、やっぱりと思いましたが、内心これって、一大事!?)
「切って病理に出してみないと、判りません。診た限りでは、う~ん。。。これじゃCTも取れないよね。紹介元の先生は何て言っていましたか?」
(えっ、紹介状には何が書かれていたんだろう???)

「はい、同じような事を仰っていました。あまり心配することはないとは思いますが、念のため、設備が整っている所に行って診てもらって下さいと言われました。
「う~ん、では一ヶ月後にもう一度来てください。」
(えっ、これって2ヶ月放置することになるなぁ~。大丈夫のかな?)

「良性ですか、悪性ですか?」
(結局、癌の一種ですよね、そうは言ってないけれど。。。内心、恐る恐る聞いてみました。)
「切って病理検査してみないと、判りません。」
話がループしている。。。(汗)確かにそうですけれど、でも万が一、悪性だったら1ヶ月待って大丈夫のかな???っと思いつつ、再診の予約を取りました。

そして、ドキドキしつつ、再診の日になりました。
患部を診て下さって、「どうします???」(えっ!?逆に聞かれるんだ。。。)

「血管腫で、おそらく良性だと思われますが、切ってみないと判りません。」
(う~ん、それはそうですよね。。。)
「しかしながら、今の段階では手術をするリスクのほうが高いです。縫合もしなければならないし。」っとのこと。

「放っておいても大丈夫でしょうか!?因みに、手術って日帰りですか?」(あぁ、まさか自分が、短期手術1を算定されるとは。。。)恐る恐る、たずねてみました。

そこで、看護師さん。「20分くらいですよ。」(あっ、意外と時間は短いんだ。。。)
そこでお医者様。「結局、ご本人の希望を優先しますが、リスクもあります。診た限りでは手術はお勧めできません。いずれは、切らなければならないかも知れませんが。」
(自分でも病名は点数表で見て、ネットでも写真とか見たけれどちょっと違うし、でもしこりはあるし。。。)

そもそも、「血管腫って何ですか?」(聞いてしまおう。)
「血管にできた、できものです。」(うん、まあ、そうですよね。わかり易く言えば。)

「放っておいて良いものと先生が仰るのであれば、やめておきます。」(内心、ホッとしつつ、切るの嫌だし。)「では、もし大きくなったり、痛みとか変化があった場合には、再度受診ということで大丈夫でしょうか?」
っということで、現在に至る~。っという訳です。やり取りの内容を、先生はPCに入力しているし。。。再度、PCの写真と見比べているし。
今は、放っておいて大丈夫と、言い切ってくださったので、とりあえず安心です。

でも、きちんと問診とかお話を聞いて説明して下さって納得できました。

何かの間違いであって欲しいと思いつつ、ひょっとして自然消滅してくれないかな、、、っとか期待しつつ、現在もまだそこに、しこりはあります。まあ、大丈夫かな?大きさも変化していないし。。。
でも、大きくなったら怖いな~。結局、爆弾かかえてるよね。。。
まさか、自分がこんなことになろうとは、思ってもみませんでした。

しかしながら、指とかわかりやすい場所で良かった!
でも、最近少し痛むような気もしないでもないです。点数表を見た限りでは、「3センチ未満のもの」とか書いてあるし、ネットで見比べてみても、そんなにエグイものができてる訳でもないので、そ~っとしておきましょう。。。

っという訳で、きっと診療録には、「左手第2指、皮下血管腫(良性)の疑い」っと、書かれてあるんだろうなぁ~、っと思っている最近。。。
爪を切るたびに、少し気になります。皆さんも、気になることがあったら早めに病院に行くのをお勧めします。

結局、その日は外来診療料のみで、お薬も処方されなかったんです。(薬の治療はできないってことなんですね。)

あぁ、12月の診療報酬事務能力認定試験、再受験しようか迷ってます。もう学科で調べるのが意外と時間はかかるし、探すの大変だし、3時間の試験って時間ギリギリだし、結構体力使うし。
取得できれば、必ず就職先があると保障されてる訳ではないし、迷ってます。
普通に、医療事務の資格が取れれば良いかな~、っとか。結局、国家資格ではないし、迷ってます。

|

« 偏頭痛 | トップページ | ノンアルコールカクテル! »

美容・健康管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 偏頭痛 | トップページ | ノンアルコールカクテル! »