« 逆勝手のお稽古(お濃茶) | トップページ | 誤字脱字修正と加筆 »

椿と山茶花(サザンカ)の違いとメジロ

ずっと資格勉強をしていて、疲れてしまったのでブログを書いてみます。

椿と山茶花の違いなのですが、多分咲いている時期は冬ということでどちらも同じだと思いますが、椿には約千種類ほどの種類があると聞きました。

葉の違いもあるようです。
山茶花の方が、細かくギザギザとした葉です。
しかしながら、椿も種類によってはギザギザした葉のものもあります。

花びらの落ち方が違うかな?
椿は、全てがパラッと落ちます。だから、縁起が悪いとして、庭には植えない人が多いようです。(首が落ちることをイメージするからだそうです。)
しかし、茶道の世界では、最もポピュラーな花になっています。
冬に咲くお花は少ないですからね。

私の家の庭の山茶花は、満開を過ぎてちょうど散りゆくところです。
一番の季節は、お正月頃でしたでしょうか?

毎年、山茶花の花の咲くころには、メジロが番(つがい)でやってきます。
今年も、冬の早朝、空気の冷たい頃に、花の蜜をついばみにきます。
可愛いのですよね。
メジロというだけあって、目の周りが白く、美しい濃い黄緑色をしています。必ず、番でやってくるのです。
でも、動きが素早く、警戒心も強いらしく、近寄るとすぐに逃げてしまいます。

決して私の家は、山奥ではなく、甲府の隣にある市街地でちょうど山梨県立美術館から徒歩15分程の所に位置するのですが、やはりメジロは珍しいです。

カラスや雀は見かけますが、メジロはこの時期の早朝、運が良い日には見られます。
何度も言いますけれど、とっても可愛いのです。
ちょっと贅沢な気分ですよ。(^-^)

母が育てた山茶花の木に、可愛いメジロ。

この寒い季節は、厳しいと思うのですが、そんな寒さの中に佇むメジロの姿は、その寒さ故か、より一層美しく思われてなりません。

さて、一休みして、資格勉強に戻りましょうか。

|

« 逆勝手のお稽古(お濃茶) | トップページ | 誤字脱字修正と加筆 »

季節・自然環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 椿と山茶花(サザンカ)の違いとメジロ:

« 逆勝手のお稽古(お濃茶) | トップページ | 誤字脱字修正と加筆 »