« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月の投稿

食欲がなく、心が辛い

職場での人事異動があったりして、仕事内容はほぼ同じなのですが、人間関係、慣れない環境で、心がズタボロです。

正直、辛くて辛くて仕方ありません。
生きていくこと自体が辛く、この気持ちはおそらく鬱とかになった人にしかわからないでしょう。

仕事での失敗は受け入れられるます。
要は、その後の対処の問題だから。
職場で怒られたりしても、それも一理あるということで、それが嫌なのではありません。

「生きていくこと自体」が辛いのです。
ここ数日、食欲もありません。
今も、わけもわからず涙が出てきます。
心がマイナス思考に染められています。

この1か月近く、お医者さんから処方された、睡眠導入剤がないと朝まで眠れません。
今も頭痛が酷い。
正直言って、自分の能力に限界を感じます。
職場では、プレッシャーだらけで、自分自身の気持ちがこんなことだから、お客さんとの応対も以前に比べるとよくできないです。

気が付くと、時間ばかりが過ぎています。(家でのお話で、職場では時間を長く感じます。)
ここ数日間は、ヨガを行ったりしていますが、あまり集中できません。

本当に、いっそのこと、死んでしまう方が楽だと思うことが多いです。
何をしても気持ちが晴れません。
誰かに話しても、一時だけで、後からとても疲れてしまいます。

生きていることに以前のように幸せを感じることができません。
今日なんて、最悪で、何か良いことを見つけようとしても思い当たりません。

食事が喉を通らないです。
なにを食べても美味しくなく、喉に物が詰まった感じがします。

他人の視線が気になって、正直、人と接するのが怖くなってしまいました。
人と接するのが怖いというような状況に陥ったことは、初めてで、とにかく怖いのです。
一人で家の中にずっとこもっていたいという、どう仕様もない気分に襲われます。

どうしたらよいのかわかりません。
お医者さんから、投薬して頂いているにもかかわらず、良くなるというより、異動したおかげで悪くなる一方です。

自分自身に、自信がありません。
本当にツライです。
仕事に対するプレッシャーと、周囲の威圧感。そして、弱い心の自分の立場で震えてばかりいます。

どうしたら良いかわかりません。
本当に、明日の朝が来なければ良いと思います。

せっかく職場での更新をしたのに、限界を感じて仕方がありません。
今は、異動したばかりなので慣れない環境だから、そうなのかも知れませんが、辛くて辛くて仕方ありません。

ゆっくり眠りたいけれど、頭痛がして心が休まりません。
この科学の発達した時代に、たかがうつ病を完治させる薬がないなんて。

毎日の生活には不安を感じ、そんなに辛いなら、仕事を辞めれば良いと言われるかもしれませんが、世の中そんなに甘いものだとは思っていません。

もし、ここで乗り越えることが出来ず、職場を辞めてしまったら、きっと次の場所でも同じことになってしまうと思います。
自分の病気や弱い心が克服できなければ、この悩みは一生続いて終わらないと思います。

でも、辛くて辛くて仕方がありません。
こんなことを、ここに書いてしまう自分が情けないと思います。
でも、書かずにはいられません。書くことによって、また頑張る勇気が出るかも知れないと思うからです。

正直、1年間くらい休養したい気分です。
でも、現実はそうもいきません。生活もかかっているからです。
もし、ここで休養してしまったら、働くことに復帰できるかも不安です。

だから、もっと強くなりたいと思います。
ここで、この胸の内を吐露したら、少しは楽になりました。

きっと、私の他にも、世の中同じようなことで悩んでいる人も居るかもしれないと思いながら書いています。
だから、諦めないで、歩き続けよう。

明日、また、更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »