カテゴリー「政治・経済」の投稿

難しいですね。。。

コネタマ参加中: 政権交代してほしい? ほしくない?

正直言って、迷ってます。

今の自民党はあまりにも頼りない、、、でもだからって民主党で、本当に大丈夫のか??
っていう不安があります。

でも、日本の歴史を勉強してきて、経済状況が破綻しかけている時っていうのは、一つの時代の終止符が押されて、新たな時代の幕開けとなるというような気がしてならないんですよね。

結局のところ、約300年間続いた江戸幕府も、元禄年間という経済の成長を経て、享保~末期にかけては経済破綻していますよね。
時代の流れによっても、開国を迫られたりとか、激動の時代だったのだと思います。

昭和の前半もやはり動乱の時期。
世界恐慌~太平洋戦争とか、やっぱり有る程度、経済が不安定になってくると、資本主義社会っていう世の中は、改革の時期にあると思うのですよね。

改革…、っとするならば、自民党かな??
でもね~。。。

今の自民党で、誰が総理大臣を行ってくれるんだろう??

じゃぁ、民主党かっていうと、、、それも何だか不安なんですよね。
本当に信じて大丈夫のか、、、って。。。

正直迷ってるんですよね。
本当に、8月30日、、、総選挙ですよね~。。。

| | トラックバック (0)
|

解散予定っ!(笑)

本当に解散するよね、解散するよね、解散するよね、7月21日…。信じていいよね。

何だかこのまま9月に任期満了しても良い様な気もするんですけど。

8月30日、本当に選挙で、大丈夫よね?大丈夫よね??大丈夫よね???(苦笑)

でも、解散予定って、今日何日??7月15日でしょ??
5日後に解散って言ったって、大して変わんないじゃん。6日後だろうが、今日だろうが…。(そうでもないのだろうか、政治っていうのは?)

7月21日になって、やっぱり解散をやめました、、、宣言なんて、ないよね??

何だか、選挙権を得てから、「解散予定」っていうのは、初めて(?)だったんで驚きました。解散予定ってあるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

解散っ!

本当に解散するんだ~。(衆議院)

麻生総理、ちょっとばかり涙目でしたね。。。

特に支持していた訳ではないけれど、よく頑張ったと思います。
ある意味、タイミングは非常に悪い人だとは思ってはいるけれど、「投げ出さなかったこと」には、評価しています。

いや~、もし自分があんな状態の中に放り出されたら、絶対精神的に持たないですね!
やっぱり、政治家ってある意味肝が据わってないと、っていうか、ある意味「鈍感力?笑」がないと、やってられないのでしょうね。

混迷している政治ですけれど、日本の抱えている問題は山積みです。(暗)

少子化がこのまま進んでいけば人口激減ですし、毎年出生率が減っていったら、更にその人口減少は加速していくのだそうです。(by 会社の社長)

あんまり考えたことはなかったけれど、大変なことですぅ~crying

おそらく、年金なんて貰えないでしょう~。。。(泣)

黄昏ている日本、いったいどうなっちゃうの?
黄昏ているのならば、新たな日の出があるのでしょうか??

政権交代したとしても問題山積みだし。

不景気だし、本当に大丈夫のかしら、この国の未来。

今から真面目に個人年金、、、っていうより老後の為に貯蓄しよう。
極力無駄遣いは、省こう!

8月30日なんだってね、総選挙。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

行いたくありません。

コネタマ参加中: 裁判員、やりたい?やりたくない?

結論から言って、「行いたくない」です。

裁判員制度が始まりましたが、法律のことに関しては、全く知識もないからです。

しかも、最近マスコミなどで、冤罪で刑務所に入っていて釈放されたというニュースを見たりしたら、尚のことです。

先日もテレビドラマで、松本清張の「夜光の階段」というのを行っていましたが、やっぱり考えさせられてしまいました。
松本清張って、大好きな作家の一人でもあります。
小説も持っていますが、面白いですよね。(←色んな意味でその当時の社会背景をテーマにして書いているので。)
勿論、ドラマの中の犯人は最後に捕まるのですが、その視点がまた、最近ある単なる恋愛関係のもつれのような浅い「お涙頂戴系」のドラマと違って、内容が深いですよね。

話が少しそれてしまいましたが、この「夜光の階段」も主人公の罠にはまり、危うく冤罪に科せられてしまいそうな脇役がいました。
ドラマや小説の中だからこそ、面白い、、、っと思えますが、これが現実の裁判となったら話は別です。

「人が人を裁く」ということの難しさを考えさせられる機会となりました。

やっぱり、裁判員には、なりたくありませんね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

景気対策という目的なら。。。

コネタマ参加中: 定額給付金、もらったら何に使う?

賛否両論ありましたね~。
実際には、日々の生活に困っている人たちにも行き渡るようにしないといけないのではないのか、、、とか。

私は経済のことにも疎いので、あまりよくわかりませんが、「国が景気対策」という目的として給付するなら、それに伴った内容で使用したいと思います。

化粧品とか買おうかな、、、とか?(苦笑)

しかしながら、地方の自治体から給付されるんですよね?確か私の地域は4月後半くらいだったと思うのですが。

早速給付された場所もあったようですが、長野の自治体ではボランティア団体に寄附をするというような企画もあったようですよね。
また、東北の方では様々な給付金によっての経済効果を予測した企画とか。。。

私の住んでいる町がどのような形で給付するのか、またどんな企画を練っているのかはわかりませんが、いずれにしても実際に給付される時にしっかりと考えて有効に使用したいと思います。

だから、国の目的として景気対策、、、って言っているのだから少なくとも貯蓄はしません。

でも、その反面で本当に困っている人々が世の中にいることも忘れないようにする、、、っていう気持ちです。

幸い私は恵まれています。
実際に身近な大企業に勤めている方でリストラされたっていう生々しい話をきくとぞっとします。

まじめに働いて、1万2千円稼ぐのは、至難の業。
その給付金を高いと思うか、安いと思うかは人それぞれだとは思うけれど、本当に悩める政策を打ち出してくださる内閣ですよね。(苦笑)

経済に関しても本当に疎いので、
専門家が打ち出した案ならそれに沿った目的で使用したいと思います。
あとは、地元の市役所での企画などがあったらそれも踏まえて、使用したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

小泉元首相、何故この時期に発言か!?

実はあまり、政治的な話題に触れたくないということもあって、今まで書いてはいなかったのだけれど、っていうか、ここは書かずにはいられなかったので、賛否両論あるかもしれないけれど、もし、この内容を見て気に入らない、反論がある、とおっしゃる方は、単に考え方の違い、思想の相違と思って許してください。(前置、苦笑。)



*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

仮にも、自民党で元首相。。。何故、今この時期に発言か?

しかしながら、ご意見番としてそこはよしとしよう。
でも、「何故、今か?」なのだ。

自民党の一議員としての立場を貫きたいのならば、何故、もっと早くに自民党への働きかけをしなかったかが問題だと思うのだ。
現在の首相が良いとも思っていないけれど、政治家の努めっていうのは、そもそもの問題に立ち向かってよりよい方向に改善していくことではないのか、と思う訳だ。
その知識や学識もあって、その為に高学歴を身につけているのではないのか?

そうでない政治家もいるように思えるけれど(苦笑)、必死になって行っている人もいると思う。

麻生総理大臣は立派な総理だとは思わないけれど、ある意味投げ出さない、逃げ出さないだけ凄いなぁ~と思う。私があの立場だったとしたら、逃げ出したいし、放り出したい。
でもそれをしないのだから。(したくても、周りがそうさせないのかも知れないのだけれど。)

しかしながら、舛添現厚生大臣は、素晴らしいと思う。窮地に追い込まれている(かどうかは知らないけれど)、地味ながらも必死で取り組んでいると思うから。

しかし、残念なことに、現内閣は総理の一言に振り回されて、才能ある人もごちゃまぜにされてさえしまっている。
仕切り直し(解散総選挙)も必要だとも思うけれど、何故、小泉元首相は今、発言したのだろう???

もっと早くに、アドバイスできる一言があったのではないのだろうか?
(していたのかもしれないけれど。)
そもそも、小泉改革のしわ寄せがここに来て訪れているのだと思う。
自民党は、いまこそ団結し、結束して、国民のために働かなければいけない時ではないのか???

個人的意見を言ってしまうと、小泉元首相の政治には賛成できなかったけれど、今思えば、唯一行ってよかったと思うのが、郵政民営化。
あの当時は、郵政民営化には私個人としては、反対だったけれど、今思うと、厚生年金の杜撰な管理を当時首相が知っていたとしたならば、あえて行った郵政民営化は正解だったと思う。

社会保険が適正に運用されておらず、不正運用されていたのなら、むしろ国家の郵政省がきちんと国民の財産を管理してたのは、素晴らしい事だと思う。
郵政省の皆様は賞賛するに値する、、、っというより、当たり前のことを行っていたのだけれど。

しかしながら、この当たり前のことが当たり前に行えないのが、国家の役人の皆様のごく一部。。。

よく中学校の担任の先生が、「ごく一部の生徒が、きちんとしたことを行わないと、ちゃんとしている皆までもがそのように思われてしまう。」っという言葉が思い出されてならない。

そして、話を元に戻して、何故今なのか???

自民党を揺るがしかねない発言をするのか?

自民党にある派閥を壊すのではなかったのか?

小泉チルドレンは、自民党の新派閥ではないのか?


小泉元総理の思惑はまったくもってわからないが、本日の森元総理への記者団のインタビューへの返答振りとあれ程怒った森元総理の姿は、初めて見たような気がする。
(個人的意見を申し上げると、結構私はちょっと口を滑らしてしまうような人間味のある森元総理が良かったんですけれど~。発言にブレはなかったし。。。)

そして、自民・公明の連立の行方は?公明党はその時どうするのか?

そして、最大野党の民主党。
そこからも虎視眈々と解散総選挙での政権奪取を狙っている姿が、なんとも言いようもない殺伐とした雰囲気でいかんともしがたい。

国民はいったいどこに導かれているのか、国民は置いてけぼりにさせられてしまっていないのか???

こんな時だからこそ、たくさんの期待できない政治家の中に埋もれてしまっている、パフォーマンスではなく、地味でも本当に国民のことを思って働いてくれる政治家が要求されているのではないのだろうか?

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *



っという訳で、ちょっとだけ知ったかぶってみたり、ちょっとだけ偉そうに書いてみたりしてみたけれど、詳しいことはよくよくわからないんですよ。でもね、こんなこともたまには考えてみるのよ~、、、っていう内容でした。
あくまでも一個人の意見なので、お気に召さなかったら見なかったことにしてくださいね。
最近は新聞も読むように心がけています。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|