カテゴリー「音楽」の投稿

2016年11月5日(土)CANTA新宿ライブ

行ってきました。
今回は、このライブに行こうかどうか凄く迷っていました。
一つは、昨年からあまりにも聖飢魔IIの活動が多くて、その後も「篁」の関係のソロツアーがあったりと、私のCANTAへの情熱が冷めつつあったからです。
LUKEさんのソロ活動は、良いとは思うのですが、「篁」という内容が、ずっと昔のもので、結構青い曲ですし、あのオネエ声をどう再現したのかは興味はありますが、ちょっとCANTAファンが放っとかれすぎていたので、もう、CANTAを応援するのは私的に無理かな、、、とか、色々思うことがありまして。。。

けれど、ライブに行ってよかったと思いました。

道中色々あったけれど。
実は、このブログを1度書いている途中に、途中保存とかしていなくて、画面がフリーズしちゃって、敢え無く結構書いた段階で2度目の作成中です。

なので、結構1度目よりは端折ってしまっています。
1度目、道中のこととか、会場でお話した方のこととか色々書いたんだけれど、データが消えたのでまとめて、ここで思ったこと。

負の連鎖は負の連鎖を呼び、プラスの連鎖はプラスの連鎖を呼ぶということ。

ライブ会場で今回出会った方はとても素敵な方で良かったです。
日頃から、職場の人間関係でうんざりしていた中、一人旅、そして一人ライブ参加は、とても気持ちが軽くなりました。

参加して良かったと思います。
ここからの感想は、あくまでも個人的な感想ですので、百聞は一見にしかず。
そして、客観的、または、主観的な感想になっておりますので、ここから先は読む、読まないは、ご自分で判断してください。

あくまでも、個人的感想ということをお忘れなく。。。

続きを読む "2016年11月5日(土)CANTA新宿ライブ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月19日(月・祝)CANTA 新宿ライブ

信じられない。今年のCANTAの見納めが今日なんて。weep
ライブは最高でした。shine
こんなに素晴らしかったのなら昨日も、行っておくのだった~、と言っても後悔しても今更です。

久々の新宿!(少し、ライブ前の新宿見学の感想を。)
そう言えば、真夏のライブって久々だったりします。もう、汗だくだくになりながら待ちました。

新宿駅が変わっちゃったので、出口も色々あるし、危うく道を間違えそうになった私です。普段から、かなりの方向音痴でして。danger

東口駅前では、安保の関係の「平和を!」っという、啓発の方がいらっしゃって、この国もまだまだ捨てたものじゃないな、っと思ったりしました。

物販を購入後、少々時間が余ってしまって、「危険なのでそこに居ないでください!」とスタッフの方が言われるので(苦笑)、「余程私のようなお上りさんが、ここを離れてぶらつく方が危険じゃない?coldsweats02」っと思いながら、新宿の危なくなさそうな方面に向かって、観察をしてみました。(探検?冒険?)tulip

取りあえず、大久保病院の建物方面にいったら、官公庁のビルがあってこの辺でちょっと一休みと思って扇子であおいでいたら、向こうから来た知らないおじさんが、「今日は暑いね~。」っと声をかけられ、ちょっとビビった、あお@♪。
「なんだろう?この新宿の地元の人らしい方のお気軽感は。でも、そういうのって大切かな?」っと思い直した、あお@♪です。clover

そこで少し安全そうなビジネスホテル方面にあるいて行ってみました。foot
う~ん、カフェも混んでるなぁ~。
しかも、「東京のカフェとかお店はどこも狭苦しいのね。」っと思いながら、非日常の街に埋もれて、このままどこかに行っちゃいたい、という気持ちに襲われながら、てくてく歩いていきました。foot

「そろそろ折り返してみようかな?」っと思いながらBLAZEへ戻りながら、出逢った路上生活者。(私は、始め人が死んでるのかと思いました。頭が見えず首から下しか見えずしかも暑くて死んだように横たわっていたので。coldsweats02
右を見るともう少しちゃんとした身なりの人がアスファルトの上に横になっていて、起き上がりました。
再度左側のぐったりと寝ている方の横を出来るだけ見ないように、ハンカチで顔を隠しながら、何故か自分が悪いことをしているような感覚に苛まれながら通り過ぎました。

この国は捨てたものでもないな、と思ったけれど、「やっぱりどこか違う。」と思った私です。

色々なライフスタイルがあるから、自分の選んだ道ならそれも良いと思います。
でも、この炎天下の中、死んだように横たわる人が居る反面。think
「この人の住所は不定なのだろうか?」と思いつつ、勿論、自助努力とその意思が必要とは思うのですが、「この国の公務員って、かなりの割合で高収入を得ているのに、何しているんだろう?」っと憤りを感じました。
その人の最低の人たる生活をおくるための生存権と、健康保険法の公衆衛生上の問題はどこへ消えてしまったのかと感じました。

所詮は、他人事なんですよね。でもそこを何とかするのが、公務っていう仕事じゃないのかな?(綺麗ごとかもしれないけれど。)

私たちの税金は、華やかなオリンピック招致に使われるのも良いけれど、国の経済自体が超赤字の中、自衛隊を海外派遣させるようなことを行う「防衛費???」はあっても、復興や社会的弱者を見捨てていくのだなと。

私もその一人だけれど、観なかったことにするのだな、と思いました。think
心が痛くなりました。「もし、私が黙ってその人の側にお金を置いて来たらその人の為になるのかな?」なんて、意味もないことを考えてしまいました。

ここにも格差社会(資本主義社会だから多少の差はあっても当然だけれど)を見せつけられました。とてつもない格差をね。

そんなことを肌身に感じながら、会場へ戻りました。foot
そうそう、カプセルホテルもありましたね。「ここがあの窮屈そうなところかぁ~。」っと思いながら、一泊のお値段をちら見しました。(笑)
ちら見というのが、私らしいでしょ!?(苦笑)





っとここからが、本題です。note
会場の中は、かなりの度合いで涼しくて心地よかったです。(先程のホームレスが心をよぎりながら。)

本当、今回は特に、とっても楽しかったです。
インストから始まったかな?
「オルタナ」辺から、涙が出てきちゃいました。色々な思いが混在しちゃって。
そして、改めて良い曲だなぁ、っと思ってみたり。

新曲は、歌詞がイマイチ聴き取れず、よく分からないというか、やっぱり歌詞があってこその曲ということもあり、何とも判断つかず。

バラード調は、また泣かしてくれるじゃないですか?
「ROUND & ROUND」ちょっとノリが難しい曲だけれど、それも含めて、その歌詞の世界観が好きです。
あと、昨日は演奏されなかったけれど、「Make my days」とかも、好きだったりします。

最近の何ていうのかな?「シーケンス」を使ってる曲よりは、初期の頃のガチッっていうかゴリッっとした音楽の方が私は好きかな、なんて思ったり。
最近の曲も悪くはないけれど、シーケンスとかばかり使っている曲よりは、でも結構ライブの中では幅を占めているよね、っと思いながら、「この部分、演奏じゃなかったのか?」って曲の終了前ぐらいに、騙されている私が居ました。(苦笑)coldsweats01

LUKEさんのトークは、私にはあまり感覚が合わなかったり。
何でも話せば、「そこ、笑えるところかな?」って思う所に、盲目的な信者がいるようなので。
今回は、私の左隣の方が「LUKE~」ってMASAKIさん側に行ってる時に叫んでいて、「私、叫んでませんから。」っと思いつつ空気読んでよ、っと思いながら。。。
「叫んでも良いけれど、あえてそこでかけますか?」っと思った場面が。gawk

私も1回叫んでみたいとは思うものの、そんな勇気はありませんし、ましてや大きい声、出せなくなっちゃったんですよね、最近。
っと思いながらも、一番最後のLUKEさんのハイタッチに今回は場所も良かったからか、後で思い返すと、結構大胆に、果敢に挑んでいたあお@♪でした。(≧∇≦)cute

おっと~、お話がそれちゃいました。

「miracle」のアコギの弾き語り、超感動しちゃいました。あんな素敵な弾き語りをプレゼントされたら、誰だって心に響いちゃいます。confidentheart02
シンプルだけれど、超カッコ良かったです。
是非是非、違う曲でも聴きたいな~、なんて思っちゃいました。

あと、噂には聞いていたけれど、フレディに扮する、紫のお振袖姿、初の生拝見、カッコ良かったです。
メンバーの皆様の演奏技術がハイレベルでしょ?
だから、超素敵な音楽カバーなの。shinenote
英語の歌なんて、サビ部分は別として、歌えないから尊敬~。
あれは相当好きじゃないと出来ないよね、と思いつつ。
違った曲で、比較的皆が知ってる曲でもやってほしいな、コスプレはともかくとして。(笑)
でも、カッコ良かったです。
振袖着て、付け髭付けてるって、アバンギャルドだし良く考えてみると変コスさながらなのですが、なんかわからないけれど、演奏が素敵だったせいか、カッコ良かったです。punchannoy
何ていうか、振袖姿なんですけれど、男らしい力強い音楽を感じました。

あとは~。confident
そうそう、相変わらずMSAKIさんが派手なタッピングしていたり、雷電さんとMASAKIさんのアイコンタクトが素敵、と思いながら観ていました。happy01

っでもって、LUKEさんのギター。4弦を何回か切ったという。
私は高校生くらいの時、バンドブームがあったので、ギターを買って、確か弦の張り替えも自分で行ったりして、ピアノの音程に合わせてチューニングしていたのですが、今はそんな芸当は忘れてしまってできませんけれど、私も1回弦を切っちゃった事がありました。
私の場合は、ただ単に、弦を張り替えるのを怠っていて、久々に弾いたら錆びててそこが劣化していて切れちゃったのですが。(笑)
それ以来、ギター恐怖症となり、弾けなくなりました。coldsweats01

っと伝えたいのはそこじゃなくて、やっぱり出張、聖飢魔IIがあるからか、かなりギター弾き込んでいるのかな?なんて思っちゃったりして。
CANTAだと、歌いながらだから、大変だから仕方ないけれど。

私もピアノの弾き語りは、したことがあるのだけれど、歌いながら弾くっていうのは、確かにピアノでも難しくて、格段に自分のピアノレベルが下がるのですよね。down
だから気持ちはわかるのです。
だから、ギターを歌いながら弾くって言うのは凄く大変なことなんだというのは、理解できます。しかも、ピアノはただ鍵盤叩いてれば良いけれど、ギターはピックで爪弾くのと、左手の弦を抑えるののタイミングが合わずに難しいのですよね!

お琴とかも、少しだけやったことがるのだけれど、私にはやっぱり「爪弾くものは難しい」という結論が出て、長続きしませんでした。coldsweats01

雷電さんのパワフルなドラムと、MASAKIさんのベース弾き倒しまくりの技術と、LUKEさんのギターと歌、大好きです。
ドラム出来る人って尊敬しちゃいます。
打楽器って、かなり難しくて、右と左がきちんと出来ないと、それに足までついてくるのだから、そして何よりもリズム感がないと、っというところで、超尊敬~♪

やっぱり、CANTAって凄いなって、改めて思いました。upnoteshine

そんなCANTAのライブが、今年最後だなんて~。crying

因みに、今日行う「FACE」って、あんな近くにあったのですね。
でも、地上7階というところがネック。
意外と、あお@♪は、繊細な(←自分で言うか?sweat01)というより、小度胸な持ち主でして、閉所恐怖症というか、エレベーター恐怖症でして、いつでも階段なんですよね。
怖くて一人じゃ乗れないのです。

原因は、トラウマ。
子供の頃のハリウッド映画で、(タイトルは忘れたけれど)エレベーターが落ちるというような感じのものを観たら、それが怖くなっちゃって。

実際、最近勉強して分かったのですが、労働安全衛生法では、エレベーターは特殊機械等に分類されていて、特に扱いに注意しなければいけないものに分類されていて、毎年1年に1回の定期点検が法律で義務付けられているのです。
だから、まぁ、安全には違いないのですけれど、如何せん子供の頃の記憶がトラウマになってしまって、それ以来、一人ではエレベーターに乗れないという、小度胸な人間なんです。bearing

っとまあ、こんな感じで、低血圧を患いながら、最後の方の轟音に少しだけ目眩を覚えつつ、何とか低血圧でも楽しくライブに参加できました。

最近、歳のせいか低血圧のせいか、私って覇気がなくなっちゃって。職場のせいかもしれないけれど。

今年のCANTAのフルライブ、しかと見届けました。upshinenoteheart02
3人とも大好きなんですけれど、でもやっぱりコンポーサーのLUKEさんが好き、って再確認しちゃいました。

アルバム、期待して待っています。(←何気にプレッシャーをかけてみたり。happy02
最後のハイタッチにちょっと感激!present

握手会は、最近ハズレが多いけれど、ここで1年の運を使い果たしたくないから。
次にCANTAさんに逢うのは、いつ頃かな~、なんて思ったり。
CANTA欠乏症候群(←そんな病気があるかは知りませんけど)になりそうです。

皆に何と言われようと、(高見沢さんに似てるとか、京本政樹さんに似てるとか)私は絶対そんなこと思ってないですから。
声のトーンだって全然違うし、男らしいし、(昔ラジオネタでオネエキャラだたけれど。苦笑)ギターだって出稼ぎのようなもので、後ろで弾くなんてそんな勿体ない使い方しないで欲しいです。

出張、聖飢魔IIも頑張ってください!としか言えません。
でも、MASAKIさんのソロライブに行くほど、勇気がない、あお@♪です。
怖そうなんだもん。近寄りがたいのだもん。
楽しそうだれど。結構、笑い持っていきますよね。あれは天性のものなのか、努力の賜物なのか?
やっぱり、ベースを弾き倒すだけのことはあるわと密かに思った私です。(ここで公にしちゃってるけど。笑)

CANTA万歳!LUKEさん万歳sign03upshinehappy02heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年11月16日(日) CANTAライブ

昨日は、本当色々あった1日でした。

まずはCANTAライブ、そして帰宅時の電車のホームで以前の会社の先輩と偶然、八逢って、先輩はやっぱり新宿で、筋肉少女隊のライブの帰りでした。(苦笑)
そうそう、大槻ケンジさんファンで、以前CANTAのライブにも一緒に行ってもらったことのある以前の職場の先輩です。wink

帰りの車内では、想い出話や現在のこと、ライブの感想やお互いに買ったグッズの話、先輩は、ライブ会場では、立ち見が辛くバーのあるところで絶対観るとか、大槻ケンジさんだけを観るとか、大槻ケンジさんが見えなかったら、橘高さんを観るとか。(笑)

対バンしたら、面白そうですね。。。(←マジかよ。。。っと内心思いつつ。)

私は、CANTA全員を観てますよ~。って話と、「LUKEさん観たいけど、怖くて(←恥ずかしくてか?)観られないわ。」っというお話をしたり。いやいや、恥ずかしいというより、やっぱりCANTA全体を観ています。っという話を、2人とも耳がキーンとした中で、言い訳をしながら、車内でちょっと声高く話してみたり。。。
だって、メンバーの誰が欠けても演奏出来ないのが、CANTAだから。shine

雷電さんのパワフルなドラムも好きだし、MASAKIさんのテクニカルな演奏も好きだし、何気にこのお二方のコンビのリズム隊のアイコンタクトが好きだったり。
そして、LUKEさんなんですが、「放っとけない。coldsweats01」っというか、一人突っ走っちゃうっていうか、今日の演奏は安定していたな、とか。
ハーモニカは上手なのか、どうなのかとか。(ギターが上手ければ良いんだけど。)MCが一人だけ微妙なところとか。でも、CANTAのコンポーサーは、LUKEさんな訳で、そんな意味で大好きだったり。heart02

っとまぁ、そんな感じで、電車内は、あっという間の1時間半。
よくよく、考えてみると、私のことを、あだ名で呼ぶ人はこの先輩と、あの人(Sさん)だけだったりする。そして、帰りの家が同じ市内なので、近くまで車で送ってもらったり。up

そして、よく訳の分からない、筋肉少女帯の蜂の歌とか聞かされて、「あっ、やっぱりメタルしてる、、、っと思いながら、ブンブン、ブブブン~♪という歌詞が頭の中を今もヘビロテしてます。(泣)」

私は最近、よくよく、落とし物をしたり、紛失したりして、何かが始っているのかと恐ろしくなる最近です。
昨日も、買ったばかりのミニタオルのハンカチの新色をどこかに落としてちょっと凹んでいる私ですが、それ以上にライブが楽しかったのと、先輩と会えたのが嬉しくて、大丈夫ですっnote

いやぁ~、先輩にぼやきました。「会社辞めてから、苦労が多いのと、年収が半減した」と。(苦笑)
先輩は相変わらず、羽振りが良く、ブランドバッグにブランド財布、車も3年前に買い替えたとか。。。私は一生、今の車で乗り潰すぞ、、、っと心を固めました。coldsweats01

っというか、比べるからいけない訳でして、確かにそうなのですが、以前の会社では得られなかった「知識」というスキルを、現在の職場では得られたということが、唯一の宝物です。

節約をする気持ちや、その他諸々、税金の事にも多少なりとも詳しくなりましたし、変な見栄みたいなものも、根こそぎ取られましたし、でも、色々な意味で、以前の会社から離れてみて、苦労したし、それがなかったら、私には何の成長もなかったと思う事が多々あり、これは、極端な話、神様がくれた私への試練と恵みなのかな、、、と思うようになりました。

以前の会社では忙しかったし、お休みも取れず、先輩は今日も出勤。
両親とも、行き違いの生活ということ。
それに比べると、今の私は何より規則正しい生活が出来るようになり、お休みも比較的自由で、以前よりはちょっとだけ頑張れば、ライブに行ける回数も増えているという所が救われてるかな?っと思いつつ。。。(まぁ、それ以外の毎年1度の更新試験というプレッシャーもある訳ですが。。。)coldsweats02danger



ではでは、ライブの感想、行きま~すっ!
個人的感想なので、期待しない下さい。(笑)



今回のツアーでは、いつになく不思議なくらいチケットが良番でして、前に行こうか、後ろで全体像を観ようか迷った私です。
結局、前で観てしまったら、前で観ることが楽しくなってしまい。。。
でも、真ん中辺で観るのも、意外と好きな私です。
っとそれはさておき。。。

って、いうか、今回のLUKEさんのMCの中で、あお@♪の偏差値がどれだけ低いかがよくわかりました。down
誤字脱字人間とは、私の事です。はいっ!

本当に、ツイッターでは誤字するは、脱字するは、携帯でツイートすると、予測変換が来るときによく確認していないので、ブログ人間としてはちょっと、っというか、最近は減ってきていると思うのですが、とにかく、私のブログは誤字が多いのです。(せっかちなのですね。性格が。苦笑)
とにかく、遅いのが嫌なのです。待たされるのが大っ嫌いで、今の職場に馴染むのに結構苦労しました。
前の職場のトップが、とっても気が短かったので、顔を合わせる時にはビビりまくりだったので、その習慣が治りません。そして、今の職場では、ダラダラとやる気なさそうに仕事している人が、大っ嫌いです。

時々、以前のブログを読み返したり、チェックしたりしてみると、アレレ、、、これって間違いじゃないという単語をよくよく発見し、そんな時には、こっそり直しておいたり、以前には「誤字脱字星人」というタイトルでブログを書いたくらいでして。。。

今回のライブの登場なんですが、新曲にのせてだったのですが、最初はMASAKIさんと雷電さんが登場して、何故か位置的な問題なのかLUKEさんだけの声が聞こえるのですよね。。。
「他の人には観えているのか???」っと、思い一瞬焦った、あお@♪でした。

っという所で、LUKEさん、登場~♪(安心しました。)

っとまぁ、そんな感じで。。。

ロックの心を削ぐという、2曲は、本当にツボでして、私は本当に泣きました。いろんな事がごちゃまぜになって。。。
やっぱ、資生堂ボーテのマスカラは最強だと思いつつ、涙しました。(ウォータープルーフ最強!)

っでもって、とにかくですね、今回は比較的最近の曲と昔の曲を行ったライブなんで、イントロドンっ!みたいな感覚で、この曲、聴いたことあるんだけれど、タイトルなんだっけ?ということが多く、でも曲は覚えているので、ノリノリだったりして、本当に楽しかったです。

「Dry and Heaby ~」のハーモニカとか。(上手なのか下手なのか、分からなくてごめんなさい。)
LUKEチームとMASAKIチームの輪唱のメロディーが、イマイチ微妙だと思ってみたり。。。
どうせだったら、MASAKIチームに入っても良かったかな、っとひねくれたことを思ってみたり。。。雷電チームは無いのかなぁ?っと思ってみたり。

LUKEさんも、ちゃんとギター弾けてましたしね!
「月とチャリとギター」は、私、本当に好きな曲でして、何がって、雷電さんのドラムの後に、あのLUKEさんの、ギターのリフが来るのが大好きでして。。。
やっぱり、3拍子好き!まぁ、6拍子ともいえるけれど。。。

「オルタナ」も良いな。。。って思ってみたり。
アンビリーバボーを思い出します。

そして、何といっても今回驚いたのが、アンコールの最終曲でして、お客さんをステージに上げて歌っていたという、本当にサプライズでした。餌食にはなりたくないと思いつつ、ちゃんと、男性をステージに上げて下さった所が、配慮して下さってるなとか。。。アレが女性を上げていたものなら、どんな妬みや嫉妬にあうことやら、、、っと内心ほっとしつつ。。。

どんなタイミングで、あのお客さんをステージ下の客席に戻すのかハラハラした、余計な心配をする、あお@♪でした。
そしたら、何てことはなくMASAKIさんと雷電さんが下りた時に、一緒に降りてましたね!

アレは当初から、計画されていたのか、LUKEさんの思いつきなのかは不明なのですが、初めてMASAKIさんが、客席にベースを持って下りたのを観た気がします。
何となくMASAKIさんは、自分の楽器を大事にしているイメージがあったので、あまりお客さんには触らせたくないイメージが強かったので。。。

MASAKIさんと言えば、「送り状」の話が面白かったなぁ~、っていう。。。
いやぁ~、白紙の送り状に色々書いちゃう所が、悪戯心があって面白いなぁとか。。。
それと、それをそのまま送ってしまうスタッフさんも。(苦笑)
さぞかし、途中経由の運送屋さん、面白かっただろうな、、、っと。送り状って事務処理でも管理されてると思うから。。。(笑)

それと、雷電さんのお誕生日、おめでとうございます!
「何気に、何歳になったのか?」っと聞くLUKEさん。LUKEさんも、潔く年齢発表しちゃいましょう、、、っと思いつつ、「お父さんに向かって49歳の時に、始終臭いっ!」ってっちょっと、そういう発想がなかったので、笑っちゃいましたけれど、お父さん、何気に可哀そう。。。っと思った私でした。でも実の親子だから言える言葉もありますよね!confident

そんな感じで、とっても楽しかったです。

そうそう、「やれる限りはやるけれど、さすがにステージ上では死にたくない。」と仰ってましたっけ。。。
それもそうだよね、っと思いつつ、でも出来るだけ長くステージに立っていてほしい。
加山雄三さんとかも、70歳だし…。
でも、70歳のCANTAって、どんな???
今のように、跳ねたり跳んだりはできないよね、、、っと思いつつ。。。
そこは工夫してくださいませ。。。っと思いつつ、正直、自分も客席で跳ねるのが苦手。。。
その時は、おそらく、私も60代でしょうし。(生きてるかな?いやいや、年金貰うまでは生きなきゃ。人生、いつ、何があるかわからないけれど。)

LUKEさんの演歌のこぶしも、まぁ、そんな感じでしょ!って言う所でして、来年のスケジュールのこととか、忘年会新年会をセットで発売すれば良かったとか仰っていましたよね。(でも、来年のスケジュールは、某雑誌に載ってました。)

そして、最後に、「また来てねぇ~♪」っとご愛嬌!
行きますとも~、、、っと思いつつ、いやいやそう頻繁には行けません。weep


一応、12月~3月にかけてはとても仕事が忙しくなりそうな予感と、2月には職場の更新試験が予定されてるし、4月は人事異動があったり、メチャクチャ精神的にナーバスになる時期なんです。
ワタクシ、意外と小心者でして、結構、神経が繊細なのです。心配性だったり。
だからこそ、ライブへとも思うのですが、ちょっと落ち着いた5月~12月にかけてだったらバリバリスケジュール合わせますので。後は、お財布事情ですね。moneybag

私の中では、気持ち的には2か月に1度くらいはCANTAライブに行きたい所なんですけれど、実際にそれは無理。
それと、1年に2回CANTAライブに行ければ最高の年と自分の中で納得させているので、それ以外は我慢の子です。
3回くらい行けたら良いなとも思うけれど。
2日連続も行けたらそれはそれで良いけれど、どうせならインターバルがあった方がストレス解消には役立ちます。confident

でも、本当に今年は嬉しかったです。cuteshine
だって、地方の地元に来て下さって本当に嬉しかったから。shine
来年も来て下さい、、、っと思いつつも、そんな期待しちゃだめだし、他の行かれていない地方もあるでしょうから。(でも、また来てほしい。そしたら、絶対観に行きます。rockっと思いつつ。。。)

っと、今回のこのブログで、少しだけ偏差値の汚名返上挽回なりますかね???

そう思いつつ、しめくくり、お風呂に入ってお茶のお稽古に行かなければぁ~~~。sun

それと、最近は、普段あまり外出しなくなり、必要以外はお買いもの等を避けている、あお@♪は、今回のCANTAライブで、タガが外れたように、様々なものを買いまくった私です。

駅弁も、ちょっと贅沢。銀座コージーコーナーの生ケーキ買ってみたり。。。
もちろんグッズも買いまくり、散財してきました。

明日は、駅中で買った東京土産を持って、年休のお詫びを皆にしなければ。。。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年10月4日(土) CANTA甲府

まさか、本当にCANTAが甲府に来て下さるとは思ってもいなかったので、そして、こんな辺境の地にやってきて、人が集まるのだろうか、とか色々心配していた私です。
だって、チケットが良番すぎて、怖いくらいで、実は緊張しまくりでライブ会場に足を運びました。coldsweats01

母曰わく、「そんな緊張するんだったら行かなきゃいいじゃん!」と、一言。down
(わかってないよね、ファンの心理。っていうか、私の気持ちを母に理解してという方が無理かもね。)


それはさておき、辺境の地へようこそ。
交通の便がめちゃくちゃ悪いので、県内に住む人は余程のことがない限り、最低一家に1台は車があります。私の家にも、自分用の普通車と父用の軽自動車があります。car

田舎なので、基本街中でも夜は暗いです。(笑)震災の後は更に暗くなりました。だから、どの辺りか分かりませんが、でも何となく中心街かなと思いつつ、夜中には基本出歩きません。night(理由は怖そうな人が居るからです。苦笑)
でも、甲府盆地というだけあって、県内にあるいくつかのスポットからは、夜景がとっても綺麗に見えるのですけど。shine

地元ネタの内藤楽器さんは、私が小学生くらいの時にピアノとエレクトーンのアンサンブルを習っていた楽器屋さんで、2階で楽譜を買ったり、家に今あるアップライトのピアノもそこで買い求めたものなので、懐かしかったです。今は調律狂いまくっちゃってるけど。
他にも、楽器屋さんはあるのですが、内藤楽器さんが一番県内では主流でした。

さてさて、前回の東京のCANTAのライブをかなりの辛口で書き残してしまっているのですが、前言撤回!

今回は本当に、良かったです。ギターソロ、完璧でした。(←っと思う私。)
そして、雷電さんのドラムなんですが、ホールの床に結構響いていました。(場所が前のほうだったからも知れませんが。)
MASAKIさんのベースもいつも通りというか、新しいのがありましたね。


MASAKIさんの相変わらずのキレキャラ健在で、(←別にキレキャラが好きな訳ではないのですが)LUKEさんのゆるキャラが締まるというか。。。(ゆるキャラって何だろう?)
対照的なキャラなので笑っちゃうというか。
あれでお二人ともキレキャラだったら、私、ちょっとツライかもです。

最近気づいたのですが、(←今更?っと言われるとあれなんですけど)MASAKIさんって、舞台を退場する時、必ず客席の方へ向かって一礼してから退場するのですよね。それが妙に外見とミスマッチで紳士的な感じで気に入っています。演奏も、もちろん文句なしなんですけれど、何気にかなり凄かったりすることには気づいている私。
いや、でも、あの恰好で街中を歩いていたら、かなり目立つし、普通に怖いわというか、知らない人なら近寄りたくないわ、と思う私でした。


セットリストは何となく覚えていますが、結構昔の曲があったような気がします。もちろん、新曲も演奏しましたけれど、ネットの視聴でしか聴いていなくて、本日会場で購入したので感想は特に。。。

でも、帰宅して歌詞カード見ながら聴いたところ、凄く良い曲たちでして、感動しました。

毎回、CANTAのCDだけは、2枚購入して、部屋用と車用に分けているのですが、今回はDVDを2枚かうのでしょうか???っと自分に問いただしましたけれど、結論はまだでません。(←1枚を毎日持ち歩こうかな?)車にMDないのだよね。反対に、部屋にあるコンポのMDは壊れているわけで、悩むわぁ〜。

そうそう、ハーモニカなんて吹いてましたっけ?
見たのはお初なのですが。
上手なのか、下手なのかイマイチわからないけれどsweat01、ギターリストだし伝わってくるものがあるので、もっと上手になってくださいね!up


本当に今日は楽しかったです。(←もう昨日ですが。)
やっぱり、場所が近いというのは良いですね!
東京とかだったら、今頃は帰宅して疲れまくってるところです。
ライブツアーで全国制覇してほしいって、ことあるごとに、アンケートとかに書き残しておいたのですが、まさかこんな辺境の地へ来て下さるなんて思ってもみなかったので、本当に嬉しかったです。

比較的お客さんも入っていたと思うし、電車賃がかからないだけ楽ですわ〜。その分バッチリグッズ購入しておきましたから。happy01

何よりもCANTAの3名の演奏が凄く良かったです。
本当に良い気分転換になりました。パワーを頂きました。まだ不足気味です。(どんだけ疲れいるのだ、と言われそうですが。苦笑)

明日からまた、(←もう今日からなんですけれど)資格勉強と、お仕事と頑張りたいと思います。
何気に、お仕事も以前と比べてお堅い仕事に就いちゃったものだから、頭の中がウニになりそうなくらい、仕事中も緊張しています。っというか、頭を使っています。(←みなさん楽だと思っているかもしれないですけれど、意外と傍から見ているより大変な仕事だったりするんですよね。)

っと、まぁ、こんな感じで。
本当に、楽しかったです。パワー頂きました。新曲も傍らに、勇気づけられて明日からまた頑張りたいと思います。

今度は、東京に行きたいと思います。(沢山、ライブ行ける人がちょっとだけ羨ましいです。)いやいや、今回はかなりお近くでメンバーの皆様を拝見できたので、何だかまだまだ夢見心地です。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ユンディ・リに思うこと。

ショパンコンクール何十年ぶりかの優勝者のユンディ・リ。

期待していた新人が登場したと思って、実際に生演奏にも足を運んだ。
期待通りの素晴らしい演奏だった。「向日葵」は、中国の音楽だそうですけれど、とても良かったと思う。
数年前にですけれどもね。

ここのブログでもその時の感想を書いていると思うけれど、その時に唯一気になったのが、プログラムの変更だった。

協奏曲とかも出しましたっけ?

そして、契約終了と同時にEMIに移籍して、その後の活躍を温かく見守っていこうと思っていたんだけれど。。。

ついに来た、新しい音楽。何かな?っと思っていたら、来た〜、ベートーベン!
どんな演奏だろう?苦悩に満ちたベートーベンをどう弾きこなすのかな、ユンディは。
っと思って、CDを購入。。。興味津々。聴き始めてみた。「ぅんっ!???」

やっぱり、若い人には難しいのかな?CDの音源に深みがないと思いながらも一種独特なタッチをする感じの演奏。

そして、ネットでの色々な評判を見ると散々ですね。(やっぱり〜。)
私だけの耳に合わなかったわけではなさそうですね?

公演中止、来日中止と色々とトラブル発生?

ショパンだけが上手なのか???

実際にベートーベンは生演奏を聴いてないから、何とも言えないのだけれど、評判的にはミスタッチの酷さとか書かれていた。

やっぱり、ベートーベンはまだまだ早かったのではないのか?

モーツァルトあたりが、彼の演奏には向いているような。。。明るく、コロコロと転がるような音色が想像できるのですが、苦悩に満ちたベートーベンは、中国で幸せに育った御曹司(?)かどうかは知らないけれど、上流階級にはむいていなかったのでは?

やっぱり、ベートーベンには、深みが必要だと思う。珈琲のように。。。

私の好きなピアニストには、巨匠ポリーニがいますけれど、彼の若かりし頃のショパンのエチュードは、CDでも本当に聴き惚れる演奏だった。
ポリーニさえも、ショパンコンクールの後の数年間は、姿をくらませていたというか、何をしていたのか謎の空白の期間がある。
その間に、研鑽を積んだとか色々と噂はあるけれど、真相は謎。

でも、「努力」は「実力」に繋がるし、その演奏を聴けば、どういう過ごしかたをしたかは想像は出来る気がする。
どんなピアニストにも全盛期はあるものだけれど、あまりバルトークとか、難しげな音楽は聴きたくないので、最近は聴いていないけれど。。。

ポリーニの時代とは異なり、マスコミも大々的に報じたりする昨今、優勝後のユンディ・リはまさに引っ張りだこ状態だったと思う。
今も、どなたかに師事して、腕を磨いているのだそうですけれど、やっぱり、演奏活動をする前に、少し「隠居」的なこともした方が、自身の為なのではないかと、勝手ながら素人の私も思う。

今後の成長を期待していた若手だけに、悲しい。(ブーニンの再来なのか?彼程個性的な演奏ではないけれどもね。)
少なくとも、ユンディの演奏を聴いて、ピアニストを志している人も居るわけで、そういう人たちの期待を裏切るような演奏はしてほしくないと思う。

だから、来日中止、公演中止もアリなのではないのかな、と思う。

もう少し、時を待って、復活するのをファンとして見守りたい。
きっと、時間が必要なのだと思う。

ピアニストを活かすも死なすも、プロデュースする人の手にあるものだと思う。

あんなに素敵な、リストのカンパネラを弾ける人なのだから。演奏に向き不向きもあるのだから、ベートーベンにこだわらなくても、印象派とかでも良いじゃん、って思うんだけど、それも難しいのかな???それとも一種のプライド?

バロックとか、意外と路線だったりして?(苦笑)

王道をいきたいのかな?
ベートーベンにこだわらなくても。。。「エリーゼのために」からやり直すのか?
まさか、それは弾けるよねぇ?

とにかく、ピアニストは沢山いるわけで、ベートーベンが聴きたいなら、他のピアニストをあたりますから、そこはスルーして、違うところを目指しても?

いやいや、やっぱり見守りますか?

っというようなことを思う最近だ。

ベストコンディションで、無理なく素晴らしい演奏を奏でられるようになったら、来日してほしい。待っているから。

ピアニストの全盛期っていうのもあるかもしれないけれど、ユンディのような若かりし芽を潰してはいけないと思うから。
そして、音楽には国籍がないから、中国人だってよいと思う。
素晴らしい演奏をしてくれるのだったら。

だから、待っている。
確かに、ショパンコンクールには、「外見も審査の対象に入っている」と、かの中村紘子氏も仰っているわけですけれど、外見だけで終わらせてはいけないと思うし、実力はあるのだから、待っている。

そういう心境だ。盲目的に好きな訳ではないけれど、少なくともユンディ・リのショパンには温かみがあった。演歌的なお涙頂戴の演奏をする人も居るけれど、そういう演奏ではなくて、大陸ならではの大らかで温かみのある音、それが彼の良さだと思っている。

ユンディの「サンフラワー(向日葵)」は、凄く楽しげで、何度聴いても飽きない中国の音楽だったから。
この苦境から(←本人はどう思ってるか知らないけれど)抜け出して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年3月31日 牛田智大チャリティーコンサート

山梨コラニー文化ホールでのチャリティーコンサートに行ってきました。

若干14歳にしてショパンやリストの音楽を弾きこなしちゃう彼は、まさしく才能に恵まれていると思いました。

今回のプログラムは、前半がプロコイエフやラフマニノフといった、難しめのプログラムでした。

確かに弾きこなしてはいたけれど、やはりまだ14歳という若さということで、楽曲の中にいわゆる「深み」などの重々しい表現は苦手のようでした。
難しい曲でもあるので、ミスタッチもあったような???

しかしながら、ショパンやリストに関しては素晴らしかったです。

リストのラ・カンパネラは、どんなおっきな手をしていればあれだけ弾けるんだと思うほどの素晴らしさ。よく鍵盤を外さないな、、、って感心しちゃいました。
若干、危なさそうなところもありましたが、カバーしきっていました。

ショパンは、別れの曲、華麗なる大円舞曲などでした。
やっぱり凄い!

アンコールは、ショパンのノクターンOp9-2と乙女の祈り。
あともう1曲がちょっと分かりませんでした。(汗)

粋なアンコールでした。

あと十年後ぐらいが、凄く楽しみなピアニストだな、、、って思いました。

殺伐とした毎日の心の癒しになりました。
久々の生のピアノ演奏、素晴らしかったです!

続きを読む "2014年3月31日 牛田智大チャリティーコンサート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年12月8日(日)CANTAライブ(辛口感想)

新宿BLAZEでのライブなんですけれど、物販買うのに少し早めに出たら、早く着き過ぎでちょっと待ち時間とかが多くて、寒くて仕方なかった、あお@♪でした。

今回初めて気が付いたんですけれど、「大久保病院」ってもの凄く近くにあったことに気づき、医療事務の資格を取るのに励んでいた頃の先生の事を少し思い出しました。

っという訳で、以下はくだらない私の思いのたけを、このブログにつづってみました。
なので、あくまでお断りしておきますが、個人的な感想です。

ライブの感想は人それぞれ、百聞は一見にしかず、、、って言葉をお忘れなく。

続きを読む "2013年12月8日(日)CANTAライブ(辛口感想)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年11月21日(木) 美輪明宏さんのロマンティック音楽会 山梨公演

まずは、私の近況から。。。

やっと、仕事関係の人間関係をクリアして、後はメンタル面と、今後のライフワークの安定化が成されれば、とりあえず、気持ちも安定してきそうですが、仕事に関しては、臨時的な契約社員なので、いつ雇用契約の更新が出来なくなるかが不安で仕方ない、っといったところが本音。

収入も激減したので、本当に自分にとって大切なものしか、お金をだして観に行かないという最近です。

そんな中でも、美輪明宏さんの音楽会なら、そして地元の公演ともなれば、プレミアム席で拝見するのは当然なので、母と一緒に参加してみました。

一昨年は、確か「エディット・ピアフの愛の賛歌」を観に行きました。
だから、初めてではないけれども、「音楽会」として観に行くのは初めてで、とっても楽しみにしていました。

ここから先は、私の感想を含めてのものなので、読みたい方はお読みになってください。

続きを読む "2013年11月21日(木) 美輪明宏さんのロマンティック音楽会 山梨公演"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

CANTA 11周年ライブ

今年に入って私にとって1回目のライブで、楽しかったです!

途中で、12周年なのか、11周年なのか解らなくなり、メンバーが着ていたTシャツで、11周年というのを思い出しました!

セットリスト以外は、いつも通りっていう感じでした。

あっ!!こんな曲もやっちゃうんだ〜、っという感じで、2曲目から驚かされました。

MCも、いつも通りのLUKEさんのグダグダなトークで、何故か最終的に切れちゃったところが、面白かった(?)というか、可愛かったです。

対して、MASAKIさんの切り返しの早すぎるトークも面白かったのですが、展開が早すぎて、何を話していたのかあまり覚えていないことを考えると、グダグダな位が良いのかも…、何て思ってみたり…。

東名阪でセットリストが全て違うのと一緒なのは、どちらが良いのか…、とか、日本一のベーシスト発言、LUKEさんの遅刻に関すること、とか色々言っていたような…。

常々思うのですが、MASAKIさんって、器用な人なんだな…、っと思います。

LUKEさんのトークは、映画の話題だったりとか(←イマイチ、その映画、わからないのですが…。)ブランコのシーンで感動とか話していたのですが、会場の皆さんは共感してるんですが、ワタクシ、その映画は観てないし、名前すら知らなかったので、共感出来ず、悲しかったです。

車のボンネットに鳥のフンと言うお話には共感出来たのですが、次の日にもまた鳥のフンが……って、話を作ってませんかぁ〜?って突っ込みたくなった私です。(^-^)

風力発電の話とか、アレって、確かあのプロペラが落ちたっていうニュースのことだと思うのですけれど…。
あのプロペラの音も、かなりの騒音らしいですよね!

っと、まあ色々な会話がありましたけれど、LUKEさんって、結構、アレレ…?な発言が多くて、以前、「徹子の部屋」で谷村新二さんがゲストだった時のトークが思い浮かんで、一人で苦笑してしまいました。

『「昴」という素敵な唄を作ったかたが、実はこんな人だったなんて…。』っという黒柳徹子さんのコメントが頭に浮かんできて、被ってしまいました。

昨年の11月以来のライブは、とっても楽しかったです!

いつもライブでは、LUKEさん側で、結構、どストライクゾーンにLUKEさんが居るので、観てない、見えていないとわかっているものの、緊張しまくるワタクシは、次回から少し違う角度に陣取ろうと考えてみたり…。
でも、やっぱり真正面も良いかも…、っと思いつつ、次回の公演を楽しみにする今日この頃です!


横浜は、遠いし電車の乗り継ぎが大変なので、行けませ〜んっ!
埼玉くらいなら、頑張れる。


CANTAはもはや、私の生活の一部です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年11月24日(土) CANTAライブ

今の職業になって嬉しいこと。。。

それは、手取りが減っても、暇がある、ってこと~(笑)
最近の貧乏には、暇があるらしい!(苦笑)

そんな訳で、2日目も行ってきました!

家に帰ってお風呂入って眠って、朝起きて、正直、また今日も行くのか、ライブ。。。
って思った自分が内心いました。(でも、チケット買っちゃったしぃ。)

っと思いながら、支度をして、いざ東京へ。(笑)

最終日だし、前の方で悔いなく楽しんじゃおうっと思った私は、整理番号も良かったので前の方へ陣取ってみました。(苦笑)
そんな中でも、頭の中から、この待ち時間が無駄だ~、っと思ったら、丁度天井のライトが資格勉強のテキストを読み直すのに丁度よい明るさ。

ふふん~(✿◕‿◕)ノ゙ ♬♫+゚:。*
これは、ここでちょっとだけ整理して読み直しておこう、、、っと思った私は電車でも会場外でも会場内でも、資格勉強の本を読んでいました。
きっと、周りの人には、小説オタクかなんかに見えたかもしれませんね~。

っと、ベース音のチェックで、我に返り、時計を見るとまだ15分あるし、どうせ時間ギリギリか押して始まるんだから、、、っとタカをくくってその後もしつこく読みまくり、ギターの音チェックで我に返り、そろそろライブモードに、、、って思った私。。。

最終日は前の方だったからか、周りの方々もノリノリだったおので、私もそれなりにノリまくっちゃいましたが、やっぱり、今までのように心の底から笑えないのは、歳をとったせい?それとも、何かの心の病気かな???

なんて思いつつ、またバラードで涙してしまいました。(恥)

でも、最終日、とっても楽しめました!
トークも楽しかった。っでもって、「春の嵐」でのタオル回しはやっぱり楽しかった!

「月とチャリとギター」って本当に良い曲だな~、あのブルースのリズムの後のギターのリフがたまらなく好きだ❤と思いつつ、ご機嫌!

CDで聴くより、数十倍も良かったです!

どうしてだろうか???
CDで聴いた時の感覚と、ライブで聴いた時の感覚が全く違う曲って結構あって、私の中では、「108」はライブの方が断然良かった。
それと、この「月とチャリとギター」もその中の一つです。

クラシックで言うところの3拍子、ロックでいうとブルージーな音楽、ドラムのタン、タン、タンタンの後の.。♫.:*♬・゚♪って来るギターのリフがたまらなく好き❤

そんなことを思いながら、聴き入っちゃいました。(✿◕‿◕)ノ゙ ♬♫+゚:。*

っという訳で、今回の新宿2Daysでの収穫は、「月とチャリとギター」が聴けたことですかね?

後は、懐かしいナンバーも何曲かあったんだけど、アルバム「セブン」ばっかり聴いてるものだから、「昔の曲、アレなんだったっけ~?」って思って、すぐに思い出せなかったのは歳のせいだろうか???

っという訳で、楽しかった2日間も終わり、後は何にも残っていない私。
来年のライブスケジュールを早く知りたいです。

やっぱり、私は新年会とかでのメンバーとの交流というよりは、音楽でストレス解消したいので、LUKEさんは特に好きだけれど、無条件に好きって訳じゃないので。。。

ギターのリフが結構ワンパターンで、またアレだ、、、ってのが結構たくさんあるんだよね~。。。

だから、風変りな「月とチャリとギター」や「シャボン玉放りDay」は結構好きだったりする。
後は、無条件に好きなのはバラードナンバーはホント好き❤

でも、結局CANTAが好きなんだよね!
誰一人が欠けても成立しない、最小限の人数のトリオバンドなんだから。

ってな訳で、私的感情入りまくりの日記でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧