カテゴリー「映画」の投稿

ゴッドファーザーII

最近、医療事務の勉強を始めて、すっごく難しくて毎日毎日、いまだかつてなく勉強している私。。。

そこで、ちょっと気分転換が必要と思い、以前から持っていて観ていなかった映画を立て続けに何本か見ました。(DVDでね。)

ちょっと昔のハリウッド映画で、「陽のあたる場所」や「誰が為に鐘は鳴る」、そしてそして、
ずっと前から買ってあった、、、っというか、大好きな映画「ゴッドファーザーII」を見ました。ディスク2枚で、約4時間!

アル・パチーノがカッコいいです。heart02
フランシス・フォード・コッポラ監督の作品、大好きです。映像や音楽がとても綺麗です。

そして、今度は「ゴッド・ファーザーIII」を観ます。(そう遠くない未来に。笑)

う~ん、私が作中のマイケルの妻だったら、絶対離婚なんてしないけどな~~~。(笑)
イケメンだし、運も強いし、何よりも家族を彼なりに愛しているし。。。何よりも、一族のドンになるまでを描いている訳ですけれど。。。

勿論、マフィア映画だから、血塗られた汚い部分もあるけれど、そういうところも含めて良いと思うんだけどな。。。(笑)

イタリアのファミリーの結束の強さを描いています。
音楽も映像も、味のある役者さん達、大好きです!

とにかく、アル・パチーノが、カッコいい~shine

| | コメント (0)
|

ビルマの竪琴

「ビルマの竪琴」ですが、本日衛星放送でオンエアしていましたね。

ビルマってどこの国か知っていますか?
現在のミャンマーですね!

ところで、以前にもこの「ビルマの竪琴」を何回かテレビで見たことがあります。

一番最初は小学生の頃。。。
友達の間で、「水島、日本に帰ろう!」っていう言葉が流行りました。
当時は、笑いながらあまりその意味も分からず観ていましたが、最近のオンエアを大人になってから、観たところ、その映画のストーリーの奥深さに感動しました。

私が主人公の水島だったら、どうするだろうか???

故郷の土を二度と踏まないという決心ができるであろうか???

途中の感動的なシーンは、戦死者の屍を埋めているとき、ルビーの原石を発見するところでした。
現地の人達の間では、ルビーは死者の魂なんだそうです。そして、そのルビーを遺骨を納める箱の中に一つだけ入れて、納骨堂に納めたシーンが感動的でした。

ここに、戦争の悲惨さを感じ取ることができました。
また、現代の世の中、自分のことを犠牲にしてまで、友人や誰かの為に、利益無くして行える人ってどれだけ居るでしょうか?
「皆、自分さえ良ければ…。」っていう人が多いのではないでしょうか?

私は、主人公の水島のような生き方はできないかも知れないけれど、主人公の気持ちは理解することができました。

っという訳で、何だか読書感想文みたいで。。。^^;

| | コメント (0)
|

オペラ座の怪人!

コネタマ参加中: お気に入りの映画DVDを教えて!

前にも書いたことがあるんですが、「オペラ座の怪人」です。近年に公開されたものの方が、私的には馴染みぶかいのでそちらが好きです。

0_3 ← これですね~。

何がって、もう何度も書いているけれど、音楽は勿論、ストーリー、そして映像美。。。

ファントム・オブ・ジ・オペラのテーマ曲は勿論のこと、映画中のその他の音楽も勿論好きです。サウンドトラックも2種類持っています。

まさに私の大好きな世界です。最後のミステリアスな終了場面も良いですよ~。
この映画は、モノクロとカラーの映像が分かれていて、モノクロが現在のシーン、そして過去の映像が鮮明なカラーで表現されています。

プロローグは確か、オークションのシーンだったかな?
そして、最後がそのモノクロとカラーの使い分けで「う~ん。。。」っと何ともいえないミステリアスな感覚で終了されています。

古典的なオペラ座の豪華なシーンが素敵なのと、あとはシャンデリアでのシーンは有名です。そしてそこでの華やかな舞台裏での人々の愛憎劇。

まさに、私の好きな映画の指3本に入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ターミネーター3〜4

ターミネーター4がそろそろ公開ですね!

先日、放送された3を観たのですが、エンディングが衝撃的でした。
続きが気になる終わり方で4も観たいです。

でも、私の中では、ターミネーターって比較的怖い映画になっているので、映画館での迫力で観る勇気がありません。

でも、観たいっ!
続きが気になる〜。という感じで、迷ってます。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

理解不能。。。

映画「マトリックス」の世界。。。

私には、難しすぎて理解不能です。
どなたか、分かる人、解説してください。

大体、使われている言葉が理屈っぽくって分からないし、言葉のあやというか、なんていうか、う~ん???
あんな難しい映画は、わかりません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

号泣!

最近、齢をとったせいか(笑)、映画やテレビドラマを観て号泣しています。crying

まずは、先日亡くなった映画監督、市川昆さん(字、これで合ってったけ?)の映画「ビルマの竪琴」でやられました。
あのオウム、、、そして中井貴一さん演じる「水島」の役柄がもう、もう泣けて泣けて仕方ありませんでした。

そして、前回の大河ドラマ「篤姫」では、もう泣きまくり。。。
乳母との永久の別れ、実らぬ恋、そして父母との別れ。。。もう涙するところばっかりでした。(泣)
でも、あの樋口可奈子さん(←字これで良かったでしたっけ?)演じる母の役、素晴らしいですよね。あんな聡明で素敵な女性になれたら良いと思いました。
そして、父親役(名前が出てこないんだけど。汗)の役者さんも、また素晴らしい演技だなぁ~、、、なんて思いました。
前回の「風林火山」なんかより、ずっと良い、、、っていうと、ちょっと誰かさんに怒られそうなんですが(苦笑)、良いものは良いんです。(笑)
もう、どうしてこんなに泣けるんだろう、、、ってくらい久々に泣きました。

それにしても、最近のこのドラマを観ての号泣具合、、、やっぱり何か精神的に疲れてるからかな?
久々に、ドラマみて号泣したね!(苦笑)

まっ、たまには良いかっ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

DVDがたまる。

まだ観てないDVDが溜まっています。(汗)

「ゴッドファーザー」と「ゴッドファーザーII」と「風と共に去りぬ」と「誰が為に鐘は鳴る」、、、っていうのが4枚もたまっちゃいました。。。(汗)

観る時間は作ろうとすればあるのだけれど、何だか細々したことに忙しいのと、ゴロゴロしているのと(笑)で、たまっています。

秋の3連休あたりを目途に観てみようかな。。。
因みに、読書は終了!(笑)
あっ、でも、血迷って買ってしまったハリーポッターシリーズの第1、2巻の分厚いのが残ってた。。。(汗)
これも秋の3連休あたりに、読んでみようかな。

因みに私が言っている秋の3連休は10月の会社の秋休みの事です。
皆と休みの体系が全く違うんだよね。。。

あっ、社内レクがあることを思い出してしまった。。。(鬱)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カサブランカ

最近、昔のハリウッド映画のDVDを観ることに凝っています。

そこで、今回観てみたのが映画「カサブランカ」。

2← コチラのジャケット。(DVDの場合、ジャケットって言うのかな?)

私はずっと、カサブランカというのはお花の名前の事だと思っていたんですよね。このDVDを観るまでは。。。

まさか、モロッコにある地名の事だとは全く思ってもみませんでした。(恥)
やっぱり戦争中のお話で、恋のお話。。。
結局、この二人も結ばれなかったのかなぁ~、っていう内容です。
でも、愛の形は色々。大人の愛には色々あるんだ、、、そんなことを考えさせられる映画でした。

この映画の中には、結構有名な名台詞があります。
もしかすると、ご存知かもしれませんが、「君の瞳に乾杯!」(笑)とか、この主人公は結構キザなセリフを残しています。

「昨日は、何をしていたの?」に対して、「そんな昔の事は忘れた。。。」
「今夜は逢える?」に対して、「そんな先の事はわからない。。。」(笑)、なんて、映画だから許されるものの、リアルに言われたら、歯の浮くようなセリフですよね!

でも、映画だから許されちゃうんですよね、きっと。。。

そんな訳で、そんな昔のハリウッド映画に最近は非常にはまっています。
素敵な恋愛映画が多いですよね。なんだか私までロマンティックな気持ちになってきます。

女優さんも綺麗だし、俳優さんも素敵だし、なんていうかモノクロの映画ってやっぱり時代を感じさせて良いですよね。
コレが日本映画だと、何となく古臭く感じさせられてしまうのですが、これが洋物の映画だとなんというか、レトロな感じで古いのだけれども、何ていうのかなぁ~、カビ臭くないっていうか、ある意味新鮮で、素敵なんですよね。

そんな所に魅力を感じている最近です。因みに、昔のDVDだから、お値段も結構お安く買えるので、そこもまたなかなか良いのです!

あぁ、また狭い家の中に、CDだけではなく、DVDというコレクションが増えそうです。(汗)
そんなこんなの最近。。。もう、次に観るDVDは決まっているんですよね!
私の大好きな映画です。また、紹介したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

嵐が丘

先日、「嵐が丘」のDVDを購入しました。

以前に、小説で原作を読んで、もう一度読み直したいなぁ~、、、なんて思っていて家中探したのだけれど、その小説がどうにもこうにも出てこなくて、とりあえずDVDを買ってみました。(←ちょっとだけ変な購入理由ですが。汗)

4

←ジャケットはコチラです。

昔のハリウッド映画に、最近結構興味があるんだけれど、何から手を付けてみたらよいかがわからず、だったら以前読んだことのある小説の映画にしてみよう、、、と思って買ってみました。
どなたか、オススメがあったら教えてください。(拝)
それか、父に聞いてみようかなぁ~。そういうの年代的に知ってそうだし。。。

因みに、有名どころのオードリーヘップバーンは、個人的にはあんまり好きではないので、意図的に避けました。華奢なイメージがあるじゃないですか?もっとこう、たくましい女性の方が好き、、、(女の私が言うのも変ですが。笑)というか、憧れなんですよね。

やっぱり、古い映画って良いですよね。。。
何ていうか、女優さんも本当に美人。。。時代を感じさせるモノクロの映像とストーリーもやっぱりよいなぁ~。。。

「嵐が丘」は、ちょっとだけミステリアスな恋愛映画なんだけれども、死んでからもなお、主人公ヒースクリフを愛するキャシーの情熱は凄いなぁ~、なんて思いました。

世の中の男性諸君、女性を甘くみるべからずっ!(笑)

っていうか、この二人は相思相愛だったんだけれどね、、、運命の悪戯というか、タイミングというか、結ばれなかったんですよね。。。
でも、最終的には結ばれたのかなぁ~。
そうであって欲しいと思います。

それにしても、原作をもう一度読み直そうと思って探してみても、どこにも見当たらず、Book Off には売ってないと思うんだけれど。。。
きちんとした、っていうと変だけれど、昔からある有名な小説だし。

私の記憶が確かなら、原作(小説)では、キャシーは凄くヒースクリフに焦がれていて、気がふれてしまうような印象がありましたけれど、映画ではそこまでは強烈に描かれてはいなかったように思われます。

この小説、一体どこへ消えたやら。。。本の内容と同じく、ミステリアスな小説の行方であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

The Phantom Of The Opera

ファントム・オブ・ザ・オペラ(「オペラ座の怪人」)。。。

実は以前にもここで書いたことがあるのだけれど、私の大好きな映画の中の一つにこの映画があります。
因みに、プロフィール欄にも、書いてあるのだけれど、「風と共に去りぬ」と「ゴッドファーザー」が他の2つです。

比較的古いハリウッド映画は、好きなので、先日某テレビショッピングで、「昔懐かしのハリウッド映画のDVDが購入できますっ!」っていう通販宣伝を見て、購入しそうになりました。(笑)←まだ、未然に防がれていますが、いつか必ず購入したいです。(笑)

さてさて、話を元に戻しまして、最近CDの整理をしていたら「オペラ座の怪人」のサウンドトラックを見つけて聴いています。

6  
 ← 私が持っているのはコレです。

因みに、これは数年前に映画化されたもののサウンドトラックなので、昔のものではありません。

あの音楽を聴いていると、映画の映像が蘇ってきて、 また不思議な気分、っていうか、感動します。ラストシーンはとっても印象的です。そこが結構気に入っているのと、近年上映された映画の設定っていうか、構成も好きだったりします。

多分、映画をご覧になった方はご存知だと思いますが、違う人と結婚して幸せ(?)な人生を送っても尚、亡くなった後も墓前に花が手向けられ、影から見守られ、愛された女性、この映画の主人公、、、羨ましい限りです。(笑)
まぁ、今風でいうとストーカーチックな訳なんですけれどもww。その相手はファントム(「オペラ座の怪人」)な訳ですしね。

しかしながら、ストーリーもなんですけれども、映像、そして音楽までもが魅力的なのがこの映画の良い所なんですよね。

やっぱり、映画は、映像と音楽でしょっ!?

そんな訳で、最近このサウンドトラックを聴いていたのだけれど、、、

夜中にあのファントムのテーマ曲が流れると、結構ゾッとすることに、今更ながら気付いたアホな管理人です。(苦笑)

続きを読む "The Phantom Of The Opera"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧