カテゴリー「雑学豆知識」の投稿

鰯(イワシ)

久々に、雑学。

イワシって。。。

白魚 → 煮干 → イワシ 何だってね。shine

って事は、出世魚???

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

神明の花火

今年は縁あって、昨日、県内最大級の神明の花火大会を観る事ができました。shine

生まれて初めてこんな大規模な花火大会を観ることが出来て、本当に感動しました。
何でも、2万発も打ち上げられたそうで、因みにこの町は全国でも花火の職人さん達が居る町で有名(?)だと思います。

運よく、穴場を発見!
少し遠くで離れた所で見たのですが、バッチリっ!
場所はヒミツですが、分かる人にはわかっちゃうかな???

近所の方とご一緒させていただいたのですが、運よくその方が花火のお店をなさっているところの奥様で、花火について少しお話しながらじっくりと観させて頂きました。
(初対面だったんですけど、私ってまぁ、そんなの関係ないで〜すっ!)

花火を一つ作り上げるのには、デザインなども考え、毎年研究されているのだそうですが、約1ヶ月かかるのだそうです。
2尺玉を運ぶのには、機械で運ぶのだそうです。
そして、私は知らなかったのですが、点火するのには、ボタン一つで機械でOKなんだそうです。これも時代なのですネッ、、、何て思いました。
因みにこの2尺玉、少しはなれたところでもかなり大きな音でズシンと響きました。
その方曰く、実際にその場所で見れば、もの凄い音で、近所の家の窓が振動するそうです。sweat01

何でも、青や紫色をいかに綺麗に発色させるかが、とても難しいのだそうです。
現在研究中なのだとか。。。
そして、色んな色が混ざっている方がやっぱり難しいのだそうです。
しかも、花火だけでなく、打ち上げる時の技術というものもあるそうで、、、私にとっては初めて聞いたトリビアばかりで、「へぇ〜!」の連続でした。pencil

準備は前日から行っていて、片付けにも今朝の6時から行くのだそうです。。。(知らなかった、そんなに大変なものだとは。。。)
何でも、県内で行う花火大会には結構、そこのお店でも花火を出しているのだとか。
先日の河口湖の湖上祭は、雨で残念だったとか、先日は長岡(新潟県)の花火にも打ち上げに行って来たとか、、、ホント凄いと思いました。

ハート型の花火とか、そこの花火職人さんによって好みもあったりするのだとか。。。
ここのお店の朱の色は、暗い、、、っとか専門的な解説付きで、結構良かったかも。(笑)
因みにそこの花火の職人さんは、片柳(?)っておっしゃっていたとおもうのですが、ちょっと変った柳をイメージしたものがお得意分野なのだとか。。。

他にも蝶をイメージしたものとか色々ありました。風向きなどによってもそのデザインされたものが綺麗に打ち上げられるとは限らず、あぁ〜残念、なんて言いながら見てらっしゃいました。(ちょっと勉強になったかも。)

っという訳で、昨日は生まれて初めて、こんな大規模な花火を見ることが出来て本当に感動しました。(目の保養になっちゃった!)
本当に凄かったです。因みに約15キロ以上離れている私の家にもその音は聞こえたとか。。。

因みに私は、本当は少し観たら帰ろうと思っていたのですが、この花火のお店の奥様の話を聞いているうちに、「最後まで見ていかなきゃ勿体無いな〜」なんて、気持ちが変り、結局最後まで見てきました。(笑)でもそれ程までに、素晴らしかったです。

おかげさまで、渋滞にも巻き込まれずに無事帰宅。本当にラッキーでした。
まっ、それはともかく、夏休みまで後4日、頑張れそうです。
心の洗濯ができました!confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

蟹についての豆知識!

カニ好きの管理人です。(笑)

お正月には必ず、1年に一度の大盤振る舞いでカニを食べます。ズワイガニよりは、タラバガニの方が好きです。(笑)
っという訳で、今日はお正月を前にして待ちきれずに、大きなタラバガニを食べました。(美味しかった~♪)

因みに、店頭で出される、ズワイガニは全てオスなんだそうです。

テレビで言っておりました。それは、何故かと申しますと、メスのカニはオスに比べて小さくて食する所がないのだそうです。(これは、初耳でした。)

それと、もう一つ。。。
ご存知の方も多いかと存じますが、タラバガニは、実はヤドカリの一種なんだそうです。

その証拠に、通常カニは、ハサミが2本、足が8本あるのに、、、タラバガニはハサミが2本、足が6本なんだそうです。
う~ん、確かに今日食べたタラバもそうだったです。(笑)

でも、カニは大好きなんですけれど、貝は大嫌いな私としては、この事実を知って食べると何だか複雑な心境です。美味しいんだけれど、ヤドカリの一種だなんて。。。(グロすぎる!)
なんだか、食べるのが嫌になってしまいそうです。(汗)

続きを読む "蟹についての豆知識!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

カトリックとプロテスタント、日本の神道

「ダヴインチ・コード」を読破して、少しだけキリスト教に興味を持って素朴な疑問。。。

私の知人に敬虔なキリスト教信者がいたのを思い出し、早速その人に聞いてみました。(私らしいでしょ?疑問は即解決しないと、気がすまないのです。)因みに、彼女はプロテスタント。(新教です。)毎週日曜日には、信仰している教会に礼拝に行くほどの熱心な信者さんでもあります。

小説を読破したからこそ、キリスト教信者さんに、敢えて聞いてみたかったことをこの際、彼女にぶつけてみました。
例えば、「ダヴィンチ・コード」の小説、あるいは映画について、どう思うか?また、それを観ましたか?読みましたか?なる質問から、話が弾んで、少しだけキリスト教豆知識を教わってまいりました!

まずは、「ダヴィンチ・コード」についての彼女の考えは以下のようなものだそうです。

彼女はプロテスタントなので、あえてそうした信仰の対象・教え(宗派)の違うものについて書かれた本、描かれた映画を「観ようとは思わない。」っということでした。(あくまでキッパリと。)
映画の出演者、トムハンクスもキリスト教信者と聞いたことがあるけれど、何故あの映画に出演したのか疑問、、、とも言っていました。もしかするとトムハンクス自身にそういった思想があるのかも、と仰っていました。(勿論、彼女の想像の範疇で。)

っという所から始まり、私の質問攻めにあってしまった災難(?)な彼女は真剣に答えてくれました。(勿論、私も真剣に聞きました。だからこそ、詳しく教えてくれました。)

そもそも、カトリック(旧教)とプロテスタント(新教)の違いについて世界史で習った程度しか、全く詳しく知らなかった私です。ここぞとばかりに、聞いてみました。

まず、キリスト教にも仏教(仏教とは私に対して分かり易く例えて下さったのですが、)と同じく多くの宗派が存在するということを前提にしてこのように説明して下さいました。(因みに私は典型的日本人で無宗教です。)

◆ カトリックとは、、、
そもそも信仰の対象がマリア様ということです。
洗礼などを受けて、名前も貰うのがこちらのほう、とのこと。だからこそ、この本に出てくるキーワードともいえる言葉が、マグダラのマリア様だった訳です。(う~ん、納得!私の中では、戒律が厳しいくらいしか認識がありませんでした。神父さんもこちらでしたっけ?)
因みに、宗教改革の際、「免罪符」なるものを配ったのもこちら。そしてそのようなことに異議をとなえて、ルターが宗教改革をおこして起源を発したのが、プロテスタントということでした。(う~ん、下手な世界史講座を聞くのよりも分かりやすかったです。高校時代に彼女から講義を受けていたら、すぐに理解できたのに。。。)

◆ プロテスタントとは、、、
イエス・キリストが信仰の対象になっているということです。
だから、ダヴィンチの絵「最後の晩餐」に描かれているような絵や、マリア様が子供を抱いている絵などを見ても、そうした「宗派の違い」として認識しているのだそうです。否定する訳でもなく、肯定でもなく、そうした捉え方もあると思っている、、、とのことでした。(成る程。。。)

更に詳しく聞いてみました。
旧約聖書、新約聖書は、カトリックもプロテスタントも両方読むのですか?

この質問に対して、「勿論両方読みます。当たり前ですよっ!笑。」ということでした。(私としては、無知ですみません、、、っという所です。)
この際なので、旧約聖書と新約聖書と、どう違うのかを聞いて見ました。

◆ 旧約聖書は、、、
「創世記」に始まり、イエス・キリストが生まれる前のことについて書かれているもので、アダムとイブのお話も旧約の方とのこと。
蛇の誘惑に負けて、イブが林檎を食べてしまったからこそ、現在のような混沌とした世の中になってしまい、もし林檎を食べていなければ全世界は平和だったであろうということでした。そして、そこに出てくる蛇は、昔はちゃんと手も足も生えていたのだろうけれど、イブをそそのかしたことから、手も足も無くなり、這って生きなければならなくなったのだそうです。ノアの方舟のお話も旧約の方だそうです。(う~ん、納得!でも、なんだかキリスト教の説教をされてしまったのかしら?っと思いつつ、納得。。。)

◆ 新約聖書とは、、、
イエス・キリストが生まれた後の話だそうです。こちらは、時間も無く詳しく聞いている暇がありませんでしたが、機会があったら、少しだけ内容を聞いてみようと思いました。

っという訳で、身近に存在した敬虔なキリスト教信者の知人から少しだけ疑問に思っていた「ダヴィンチ・コード」に関する見解を伺うことが出来ました。
そして、そこからちょっとした日常の疑問、トリビアを教えて頂きました。

知っている人にとっては、それ程大したことではないのでしょうが、西洋思想に疎い私にとっては、かなり勉強になることでした。(彼女は私の事を仏教徒として認識していたようですが、私個人的には神道を少しだけ勉強したことがあるので、どちらかというとそちら系の思想のほうが、仏教よりはるかに分かり易いのだけれど、、、っと思いつつ。。。)

因みに、神道は日本古来の宗教です。以下は、軽く私が学んださわりと、それに対する考えを書いてみます。(せっかくの機会なので。因みに、神道を信仰している訳ではありません。)

続きを読む "カトリックとプロテスタント、日本の神道"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

源氏香(げんじこう)

源氏香って知っていますか?私は本日、茶道のお稽古で知りました。

源氏香っていうからには、勿論「源氏物語」に関係あるのですが、厳密には茶道ではなく香道と深く関係のあるものだそうです。

源氏物語の全54帖のうち、最初の「桐壺」と最後の「夢浮橋」の帖を除いた全52帖に組香といって縦横の線で紋様が描かれているのです。
そして、香道では、ルール(私は良く知りませんが)に従ってお香を聞き分けて源氏物語の巻名で答えて遊ぶものなのだそうです。それぞれの巻には、吉凶と時候も定められているようです。

そして、今回茶道のお稽古で使った小棗に、その源氏香の紋様が記されておりました。(う~ん、何の文様かは分からないのですが。。。)

皆さん、源氏香っていうものが存在していたのって、知っていましたか?
本当に、日本の文化って奥が深いですよね!

続きを読む "源氏香(げんじこう)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

野菜が洗える!?(驚)

今日、何気に会社で洗い物をしていたら、なっ、なんとっ!!

野菜が洗える台所用洗剤と書いてあるではないですかっ!?(驚)

これって、普通に常識から考えてありえないですよねっ?
一昔前、お米を洗剤でといだり、野菜を洗剤で洗ったりする若者がいるって、テレビなんぞで騒いでいたけれど、それって正解なんじゃん!(驚)

以下、証拠写真です。メーカーや商品名は出しませんが。。。
          
200605291432000_1 
200605291431000  
 ← 絶対、ありえませんよねっ!
 

 
でも、これはありなのか???
 
 今までの常識が覆された一日でした。
 
 皆さんは、日常にサプライズ、感じていますか?

とっても驚いたので、思わずカメラにおさめてしまいましたっ!
日常のトリビアでした。もしかして、コレを知らなかったの、「私だけっ?」ってことはないですよね???
最近の台所用洗剤は、野菜も洗えるんだ。。。洗おうとは思いませんが。。。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

京鹿の子

京鹿の子、、、っと言ってもお菓子ではありません。お茶花です。

昨日のお稽古の帰りに、先生から頂きました。
私って、あんまり野花には詳しくないので、これから勉強していかなければ、、、って思っています。季節柄、お茶席では季節に合ったお花をいけることになっています。

そんな訳で、昨日覚えたお花、京鹿の子です。ちょっと写りが良くないのですが、
わかりますでしょうか?

200605262125000 紅葉(もみじ)に似た葉に紫色の小さな細かいお花が咲きます。
蕾は白っぽい感じです。

毎回、お稽古に行くと野花が飾ってあるのですが、毎回分からないものだから、毎回質問して、忘れる、、、の繰り返し。。。
少しでも、覚えねば、、、っと思うのですが、忘れる。。。(汗)

昨日は、先生がお花を下さったので、早速カメラにおさめて保存しました。この季節のお茶花、、、一つ覚えました!

「花は野にある花を活ける」ということになっているのだそうですが、このアスファルトにまみれた現代人には、この京鹿の子、馴染みのあるお花ではないですよね~?
山登りでもしない限り、このようなお花には道端では出会わないでしょう。

続きを読む "京鹿の子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

和牛と国産牛の違いって!?

日常のトリビアです。

和牛と国産牛の違いってなんだかご存知ですか?

和牛 → 肉牛として育てた牛の肉!
国産牛 → 乳牛などとして育てられた牛の肉!

なんだそうです。皆さん、ご存知でしたか?(ひょっとして私だけ!?)
そういうわけで、和牛の方が味もよくお値段も若干お高いとか。因みに私は牛肉嫌いの人間なので、あまり関係はありませんが。

先日、気になってここに書いていた、「牛は子供を産まないと牛乳が出ないのか?」っていう疑問に対して、会社の人に質問しまくって、(←私は物事が気になりだすと、どうしても答えを導かないと気がすまない性格!)どうやら牛は子供を産まなくても、牛乳が出るらしいということが判明致しました。それを教えて下さった方から、ついでにトリビアを提供してくださいました。

意外と身近な所に、物知り博士は存在します。(職業柄、当たり前と言えば当たり前ですが、笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

素朴な疑問。。。

とあるTVを観ていて思った素朴な疑問、、、っていうかどうでも良いけど答えのわからない疑問。。。

牛って、子供産まないと牛乳って出ないんですかっ!?

鶏は、メンドリだけでも卵を産むけれど、牛は牛乳って、子牛がいないとでないのでしょうかっ?
本当にくだらない素朴な疑問なんだけれど、周りの人に聞いても答えが分かる人がおりません。。。(笑)

どなたかこのブログ見てる人で、ご存知の方がいたら教えてくださ~いっ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

招き猫

今日は地元の百貨店に行って、ほぼ衝動買いに近い勢いで、招き猫を購入してしまいました。以前から、欲しいなぁ~、、、とは思っていたものの、なかなか巡り合うことが出来ず、今日は運命を感じてしまいました。(笑)そこで即決、即購入!

manekineko 

 

 ← こちらが私が運命を感じてしまった、黒猫の招き猫です!
   


素材は常滑焼で、貯金箱になっています。ここに、500円貯金をしようと計画中。。。

因みに、招き猫には様々な種類があるのだそうです。
白猫は、福を招くもの。黒猫は、病を防ぐもの。左手を上げた猫は、お客様を招くもの。そして、右手を上げた猫は、お金を招くもの、、、だそうです。因みに、金色の猫は、金運を招くものとなっています。
そうしてみると、この猫は、「黒猫の左手上げ」なので、病を防ぎ、客を招く、、、ということになるようです。そして、手長猫(上げた手が耳より長い猫)は、より遠くまで手が届くということなのだそうです。。。
因みに、座布団は別売りです。赤と紫があったのですが、気品あふれる高貴な色(笑)の紫色にしてみました。

それにしても、この猫、、、タレ目なんだよね!(笑)そんあなたに、私は一目惚れしてしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧