カテゴリー「歴史・文化・芸術 」の投稿

2月初めての茶道のお稽古

今日は、2月初めての茶道のお稽古をしてきました。

節分に因んだお取合せで、吉野棚を使ったお濃茶と薄茶のお稽古をしてきました。
(専門的な言葉でわからない人、興味のある人は調べてみてくださいネ!)

約20年もお稽古をしていると、おおよその基礎はできてきているつもりです。しかしながら、利休居士の中にもあるように、「稽古とは 一より習い十を知り 十よりかえる 元のその一」とあるように、難しいことも行いますが、必ず基礎に戻って行います。

基礎に戻っても、お稽古をしている方はご存知かもしれませんが、様々な応用を先生が教えて下さるのです。
お棚を使ったお稽古は、通常、「水次、湯返しあり」と習いますが、水次を省略するような場合は、水差しの上に袱紗を草にたたんで置く、とか、湯返しをするお棚もあれば、湯返し無しのお棚もあることを習いました。

また、茶道の世界は、全て陰陽で成り立っていて、丸卓の場合は、柄杓を伏せて、四角のお棚は逆に上向きに、というように、私の先生(師匠)は約75歳ではあるのですが、更に上の親先生について教わっています。
なので、とてもきちんとしたことを教えてくださいます。

吉野棚の扱いは、夏と冬がもちろん違うというこも教えてくださいます。吉野棚自体は、今のお家元のお好みではなく、大宗匠のお好みだそうです。
柄杓を立てかける取り扱い方、お棚の上に飾る取り扱い、お仕覆もお棚に吊るすとか、上に飾るとか、取り扱いに関しても、たった一つのお道具なのに様々あることを教わりました。

2月は利休忌にあたるので、逆勝手のお点前を、と仰っていたので、次週は、ちょっと緊張します。(頭の中が混乱するのですよね。)

そして、必ず月末の締めのお稽古は、四ヵ伝をするのです。その他は小習いです。

先生(師匠)曰く、四ヵ伝の基礎が出来ていれば、その上のお稽古、例えば、行之行台子や真台子、大円なども、それらの応用だということなのです。
そして、更に私の苦手な炭手前を、時々盛り込んでくる、仕事の後のお稽古には、かなりヘビーな、(炭手前苦手、火箸の扱いが苦手で出来ないから。)メニューを組み込んでいく、恐ろしい、いやいや、きちんとしたことを教えて下さる、素晴らしい先生なのです。

今日の、俵屋吉富さんの福豆のお菓子、美味しかったなぁ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

久々に支部茶会に行ってきました!

久々にお茶会に参加しました~♪
只今、失業中、休職中でありながら、贅沢な休日を過ごしちゃいました!sun

でもたまには、息抜きも(毎日か?)しないとね。。。

なかなか良いな~って思う仕事もないし、指先には腫瘍ができちゃうし、、、でそちらも気になるので、何だか曖昧な最近。。。
来月に再度診察予定なので、その時に切開するかどうか、今後の治療方針を決めるんだと思います。

とりあえず、預金を切り崩しながら生活しています。^^;
バイトでもしようか、とも思っているのですが、指を切るかも知れないということを考えると、その診断がハッキリしてからの方が良いかな~なんて思ってます。

医療事務の試験(レセプト再試験)が27日に控えているので、それも勉強したりと何かと忙しいです。pencil

っという訳で、色んな悩みを抱えつつ、気分転換(?)にお茶会に行ってきました~♪

お稽古し始めのころは、一人で茶会なんてまったく考えなかったけれど、今は全然一人で行っても平気~♪
お稽古も続けてるし、師匠(先生)には、きちんとしたことを教えて頂いているので、大丈夫です。^^v

明日が中秋の名月ということもあって、ご趣向は秋にちなんで「うさぎ」さんとか「お月見」でした!note
お茶会に行く、ひとつの目的は、きちんとした「本物」のお道具が間近で見られることです。
今回は、お道具のご説明もとても詳しくしてくださったり、楽しいお茶会でした。

お菓子も食べてしまうのが勿体無いくらいの、可愛らしい「うさぎ」さんと「お月見」を模したお菓子でした。

今日、1日でかなりのお勉強ができました。
まだまだ、私は若輩者なのですが、楽しんできました!shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

三輪明宏さんの「愛の讃歌」エデイット・ピアフ物語

久々の更新です。^^;
日々、医療事務の勉強ばかりしている毎日が続いていました。

毎年1度は、何かしらの音楽や芸術に触れていないと落ち着かない私は、今年は三輪明宏さんの「愛の讃歌」を鑑賞しに行ってきました。

いつもの通り、何故かチケットの運だけはよい私。。。
凄いのです。1階10列目のド真ん中が手に入ってしまいました。happy01
もう、文句なしのプレミア席!
ど真ん中に美和明宏さんが立って、熱唱なさって、しかも舞台セットなども全部素敵に美しく鑑賞することができました。

私は、美和明宏さんの歌や演劇を「生」で鑑賞するのは今回が初めてです。

感想はというと。。。本当に「素晴らしい!」ということです。(語彙が乏しくてごめんなさい。)
正直言って、ここまで素晴らしいものだとは思いませんでした。sun(←おいおいsweat01笑)

歌、衣装、舞台装置、演技もそれから、ストーリーも素晴らしいものでした。
三輪明宏さんの、立居振舞いも本当に素敵でした。(最初の頃のスラム街での時代も含めて、一人の役者さんで、こんなにも演技が出来るなんて。。。heart02

ここから先は、少しネタバレ的要素も入っているので、これからご覧になる方は、読まない方が良いかもしれません。

初恋のころの初々しい頃の衣装は、ピンク!
恋人を事故で亡くしたときの、正に「愛の讃歌」の衣装は黒!
そして、この世では結ばれることのなかった最期の恋人の場面では、白の衣装。
これも考えての演出だったのでしょうか?

感動した場面はたくさんあります。
第1幕~3幕までの長いお芝居でしたが、もう至る所が感動の嵐!

最初の路上で歌を歌っていた頃の苦労、本格的に歌手になるためのレッスンと恋。
どの場面も、主人公は苦労をしているのですが、その中でもささやかな「幸せ」があって正に、人生「正負の法則」の連続でした。

人生の華やかな頃は、大勢の人々が寄ってくる、そして落ちていった時は、皆が離れていく、、、そして本当の「親友」という人だけが残って、どん底から這い上がった頃には、離れていった人々が舞い戻ってくる。。。think
悲しいけれど、これが「現実」なんでしょうね!

でも、一番の素晴らしいと思ったところ、それはこのエディット・ピアフという女性が、いつも誰かのために、愛を与えているところでした。
私には、きっとあんな生き方は出来ませんね。。。(だからこそ素晴らしいと思うのですけれど。)

そして、最期の場面で、神様にお願いをするのです。
「今まで一度も自分の為に祈ったことはない。」っという主人公の台詞とは裏腹に、最期のそのお願いすらも、一人の恋人の幸せを祈ることでした。(それが彼女にとっての「幸せ」だったからでしょうねconfident

私は感情移入しやすい性格なので、もう感動の涙、涙の連続でした。heart02

「愛の讃歌」の熱唱は素晴らしかったです。
私はシャンソンは、今まであまり興味の対象ではなかったのですが、この「本物」の歌を聴いてファンになっちゃいました。
本当に素晴らしい表現力だな~~~、っと思いました。

生のクラシックの演奏を聴いて、感動して涙ぐむ、、、っていうことは今まで何回かありました。
しかしながら、今回は、三輪昭宏さんのこの歌を聴いて、本当に涙しました。shine
感動の涙です。^^;
歌を聴いて泣く、、、なんてこと今までにありませんでした。(1度くらいはあったかも???)
こんなに素晴らしい歌ってあるんだな~~~、っと思いました。
その歌にある、背景をお芝居で観たからでしょうか???

今度は、「音楽会」に是非、行きたいと思いました。
チケット取れるかな~~~???cute

追記>元々美輪明宏さんの考え方は素晴らしいと思っていて、本とか色々読んでいました。特に人生に行き詰った時など。。。
パンフレットやプログラムはいつもどんなコンサートでも購入するのですが、今回は直筆サイン入りの本を購入しちゃいました!up何かご利益あるかな~~~?(笑)
(いやいや、自分の力で切り開くのじゃっ!苦笑)
っと言う訳で今日は、医療事務のテストなのでした。(こんなんしてる場合じゃないの~~~sweat01

| | コメント (0)
|

4月27日(火) ユンディ・リ 東京エレクトロン韮崎文化ホールリサイタル

昨日、4月27日(火)は、楽しみにしていた韮崎文化ホールの、ユンディ・リのリサイタルでした。

今回、このホールでは、4、5年振りの来演、今回はショパン生誕200周年記念とあって、オールショパンプログラムでした。

スケルツォの第2番は、結構楽しみにしていたのですが、残念ながらプログラム変更。十八番のあの曲でした。(笑)あの曲とは、「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調Op22」でした。この曲を聴くのは、前回も観にいったので、2回目でした。

因みに、今回はショパンだけあって、有名な曲ばかり。。。

中でも、ノクターンOp9-2は、誰でも知っている曲だから、大変だろうな~、なんて思いながら聞いておりました。
また、ソナタの中の「葬送」も誰でも知っている曲ですよね~。

今回、オールショパンという演目でもあり、勿論アンコールも気になるところだったのですが、何だったと思いますか???

私が予想していたのは、「サンフラワー」かな~とも思ったけれど、ショパンじゃないし~、、、それは無しだな、、、っと思っていました。
では、ショパンからアンコールを選ぶとなると、ショパン自体が結構メイン的演目になるので、う~ん、「仔犬のワルツ」かな~、っとも思ったけれど、アンコールでする曲じゃないよね~、、、っと思いながら、何を弾くのか楽しみにしていました。

そうしましたところ、なっ、なっ、なんとっ!?
ノクターンの9-2、、、つまりは、メインプログラムの曲をアンコールとして弾いてくださりました。(う~ん、こういうのもアリなんだ~、、、っと初めて知りました。)

さすがに、メインプログラムの中からアンコールの選曲だったので、アンコールは1度きりでした。(残念。。。)
もう1曲くらい、プレリュードの短いのでも良いから、弾いてほしかったな~♪

何かの本で、読んだことがあります。
クラシックなどの、アンコールの選曲のことについて書かれていたのですが、本編プログラムより、内容的に濃いような音楽を選曲するのは、あまり良いことではない、、、っということを書かれていた方がおられました。

そんな意味においても、今回のアンコールは妥当かな、、、っと思いました。
プログラムの中の演目であり、しかも有名どころのノクターン、だからこそ、アンコールは1回に留めた、、、っという感じでしょうか???

それにしても、ステキな演奏でした。
迫力もCDで聴くのよりは全然違いますし、本当にド迫力。。。CDで聴いているだけでは分からない、ペダルを踏む音、息づかいまでもが伝わってきました。

凄いな~♪
また、公演に来て欲しいな~、、、って思いました。
ショパンオンリーも良いけれど、個人的には、リストのカンパネラとか、色々聴きたい曲はありますよね❤

| | コメント (0)
|

ユンディ・リのリサイタル

4月に、ユンディ・リ氏のショパンオンリーのプログラムを、韮崎市民文化ホールに鑑賞市に行く予定です。happy02

すっごく楽しみです。
ユンディ・リ氏のリサイタルを生で見るのは、2度目になります。
以前は、確かモーツアルトのプログラムと、サンフラワーを確かアンコールで行ったような。。。

多分、プログラム取ってあるような~、買って来たような~?(苦笑)

今回は、ショパン生誕200周年ということ、ショパンコンクールも重なり、本来なら大都市のホールで行うものがメインなのでしょうが、特別に韮崎文化ホールというかなり小さなホールでも行ってくださるようです。(主催者様、ありがとうございますshine

これを万が一、東京公演とか観にいくことになったら大変!電車賃なんかも含めるとかなりの出費!でも、今回また韮崎に来てくれるので、一流若手ピアニストの音楽が生でまた聴けるなんて、、、今から感激しています。

ところで、ユンディ・リ氏。。。
ドイツグラモフォンとの契約は終了したのですね!
EMI所属になったようです。

また、このプロモーションの葉書の写真がheart04

因みに、ショパンコンクールって、その「ピアニストの容姿も審査のうちに入る」っていうことを、確か中村紘子さんが何かで言っていらっしゃったのは、気のせいでしょうか?
念のため、一応中村紘子さんの公演も2度観に行きました。。。(う~ん、一応私も自分で言うのも何なのですが、耳が肥えていると思いますので~♪)

まぁ、何はともあれ、楽しみなのです!sun

| | コメント (0)
|

3月14日(日) 忍野村 琵琶絵巻!

心の洗濯、癒しの旅、第1日目は、忍野村から始まります。
富士山もパワースポットですよね!(笑)

友吉鶴心さんと、デーモン小暮閣下、そして望月左太寿郎さん、3人の琵琶絵巻。。。
実は拝見するのは2回目です。

前回は、山梨県立文学館で行われたもので、「耳なし芳一」を行いました。今回は、大化の改心の語りで、蘇我入鹿と中大兄皇子が出てくる「雨」の朗読でした。

今回は、初語りでしたのでしょうか???
上手でしたけれど、前回の方が良かった気がする。。。(苦笑)

その代わり、3人で日本文化について語ってくださる場面の鼎段なるもの(←殆ど閣下と友吉さんの語りでした)が、とても楽しかったです。
薩摩琵琶についてのご説明や、文化に関してのお話も楽しかったです。

やはり、地元ネタ、飯田蛇笏さんの句を詠んで下さったりするのは嬉しいです。

今度は、飯田蛇笏さん程有名ではございませんが、私の母の知人のご主人様(もうお亡くなりになってしまった俳人)加賀美子麓さんの句も詠んでいただきたいな~。。。

実は、直筆で句を頂いています。

「遠火や 走りつづけの 一生に」という色紙を頂いていて、家宝にしております。

遠くの野に火が少しずつふわふわと燃えるのが見えるように、生きていきたい、、、っというような意味の句だそうです。

今の私にはとても心打つ句でもあります。。。

っとまぁ、余談はともかくとして、とても楽しかったです!

忍野村と友吉さんとのご縁、そして友吉さんとデーモン閣下とのご縁、、、これを機会にまた山梨にも是非、お越しいただきたいな~、、、っと思ったりする私でした。(笑)

そして、日本文化の奥深さをまたまた、知ることと成りました。

| | コメント (0)
|

忍野村 琵琶絵巻!

実は、密かに楽しみにしていたりする。。。

今回は、何の楽曲でコラボするのかな~♪
朗読は、何をするのかな~???(笑)

でも、忍野までは、少し(かなり?)遠いです。
しかも、次の日は遠出で旅行計画中!

だってね~、そうでもしないと、このリアルな生活、やっていけません。

そしてパワーを蓄えて、次への活力にするのです。(。◕‿◕。)

| | コメント (0)
|

行ってきました、北海道!

行ってきました、北海道!
只今、お土産整理中&お土産到着待ち。。。

初北海道は、肌寒かったです。(笑)
楽しかった~。。。
やっぱり、個人旅行は良いですね、ゆっくりできます。

詳しいことは、後日時間のある時にしっかりアップしようかなって思ってますが、とりあえず大まかに…。

初日はまずは結婚式!
札幌市内の時計台やTV塔、赤レンガの旧庁舎のタクシーからの見学をして、いざ、会場へ…。
札幌市内って、路電があるんですね、驚きました。
そこがまた、ヴェニーチェ札幌っていう、ホテルニューオークラ系列の式場で、カトリック形式の挙式でした、。(感動、、、涙がにじんじゃいました。とってもお似合いのお二人。。。)
お料理は当然、絶品!

2日目は、小樽へ…。
ここがまた素敵な町並みで、ガラス工房とか、美術館系がとっても良かったです。人力車が通ってたり…。古い町並みが素敵でした。御寿司系の苦手な私は、もっぱら蟹を食べました。美味しかった~。

3日目最終日は、支笏湖(これが大きくて、山中湖なんてものではありません。しかも、水が透明で澄んでいました。)を見て、苫小牧の海を見ました。海のない県に住んでいるので、海を見ると凄く感動します。

そして、かなり早めに千歳へ。。。(出発は19:50なのにね。)
空港の中でショッピングしたり、展望台へ行って飛行機を飽きるまで眺めたり…。
アイヌの工芸品を買ってしまいました。
アイヌ語が消滅してしまうのは悲しいです。何とか復興させていただきたいです、、、っという気持ちを込めて。。。

北海道って本当に良いところですね!詳しくは後ほど…。pencil

| | コメント (0)
|

薩摩琵琶絵巻!

琵琶絵巻、とっても楽しかったです。(時間がちょっと短かったけれど。)

第1部と2部に分かれて、前半は琵琶演奏のみ、後半が閣下の朗読とトーク、琵琶とのコラボの歌でした。

正直言って、あまり朗読とかは期待していなかったのですが(苦笑)、あっ、閣下信者たちを一気に敵にまわしたかも、、、予想以上に面白かったです、楽しかったです!

主催者さん、また是非行ってください!(閣下の朗読付きで。shine

高校生以来だな〜、デーモン閣下を生で観たのは。痩せたかな〜???なんて思ったりして。
本当に楽しかったです。トークもやっぱり面白かったです。
何だかオールナイトニッポンとか思い出してしまいました。(懐かしい〜。)

っとまあ、本当に楽しかったです。

朗読は「耳なし芳一」でした。
すっごく、上手。
閣下の鬼気迫る朗読、一人芝居と琵琶の音色がぴったりと合っていて、感動しました。

ここ1年程、ライブに行くことができなかったので、久々に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。happy02
意外と、閣下も素敵かも〜。(笑)

そして、以下は独り言なので〜、受け流してください。(笑)

続きを読む "薩摩琵琶絵巻!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

琵琶絵巻!

6月12日に行われるデーモン小暮閣下も出演する「琵琶絵巻」、めちゃめちゃ楽しみです。up

ちょっと嬉しいことがあり、昨日からshineな感じ。(笑)
大袈裟かな?(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧